FC東京!好きで悪いか!!

FC東京!好きで悪いか!!《ウダウダと・・・そして熱く理不尽に!》

<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

<< 「リーグ戦9年ぶり勝利」ではなく、「ここ3年浦和には公式戦2勝3分負け無し」でしょ - J1第25節・vs 浦和レッズ【J特】 | TOP | 勝って兜の緒を締めよ・・・ではあるのだが、やっぱりニヤニヤしてしまうぜよ - J1第26 & 27節・vs 名古屋グランパス & vs 大宮アルディージャ【J特】 >>

2013.09.18 Wednesday

Jリーグとチームにはもっと説明責任がある

0
    大反対であるし、非常に残念である。

    「残念」というのは、悪い方向と分かっている2シーズン制への移行自体が残念であるのは当然のこと、それを行わねばならないサッカーを取り囲む現状も残念であるし、ほとんどのJチームが賛成したという事実も残念この上ない。スカパー!のJリーグラボという番組で、2回にわたって長時間中西氏と原氏が制度改革に関して論を述べており、中西氏の発言はエルゴラにも掲載されていた。確かにその主張には説得力があり、短絡的に決めているわけでもないし、1シーズン制がベストであることも承知の上での決定であることは、頭では理解できたのだが、やはり今回の決定内容や発表を見ていると、リーグに対して大きな不信感が募ってしまうことも事実である。

    確かに物事を決めるときには、すべての人間の意見を聞いていては決まらないのだが、だからと言って、あえて悪い方向に制度改革をせざるを得ないという現実があるにもかかわらず、余りにも説明が無さすぎる。これは、リーグ機構全体もそうであるし、それに賛成した各チームも然りである。必ず今回の「改悪」に関しては、しっかりとした説明をしなくてはならない。

    今の時期は、リーグ、チーム、サポーター、マスコミ、それが一丸となって進んでいかなければ、現状のサッカーを取り巻く環境を変えることは出来ない。それを考えずして、リーグが言う今回の「改革」は成功はしない。「我々は真剣に考えている。悪い方向ということも分かっている。だから信じて欲しい。」という、一方的なお告げのような言葉だけでは納得できない。おそらくリーグ側からすれば、我々が納得するかどうかではなく、結果としてJリーグの観客動員、収入を増やすということが重要であり、あえて極論を言えば、結果として観客数が増加すれば、今のファンがいなくなっても良いと言うことなのかもしれないと、穿った見方もできてしまいそうだ。

    本来ならば、どこかで公聴会のようなものを開いても良かったはずだ。そのための余計な支出ができないならば、入場料を取ったっていい。我々Jリーグファン達だって真剣に考えている。リーグをよくするためには幾ばくかのお金を払うくらいの協力を厭わない人間がほとんどだろう。また、そのような場での混乱を懸念したのかもしれないが、我々はそれほどバカではない。確かに一部には暴徒と化すようなサポーターもいるかもしれないが、それはほんの一握りの話。いいかげんな対応をされない限り、せっかく設けられた意見交換の場を自ら壊すようなことはしない。それに、三人寄れば文殊の知恵であり、そのような意見交換の場から、もしかしたら妙案が出てきたかもしれないのだ。他のスポーツに先んじて、色々な試みをしてきたサッカー界だからこそ、これまでのやり方に囚われない方法を行って欲しかった。

    今回決定したようなプレーオフ的な試合というのは、試合会場の確保は大丈夫なのだろうか。J1・J2入れ替え戦を無くしたのも、急な試合会場の確保が大変だからという説明を聞いた覚えがある。しかし、プレーオフのよう「前期チャンピオン」「後期チャンピオン」「年間チャンピオン」とチャンピオン乱発よりは、よほど入れ替え戦の方が盛り上がるだろうと思ってしまう。

    ただ、まだこの決定を覆す道があるのならばいくらでも反旗を掲げたいが、現実的にしばらくの間は不本意でもこの道を歩まねばならないならば、出来る限り早く1シーズン制に戻すために我々ファン、サポーターが出来ることは何か?一つ考えられるとすれば、観客動員と言う事では、自分の周りの人間を連れて行くことに加え、一見でスタジアムに来た人達が、もう一度来たくなるような魅力的なスタジアムの雰囲気作りだろう。バクスタやメインに座って、楽しい野次ならまだしも、周りが罵詈雑言ばかりのうるさ方だったら二度と来たくなくなるし、ゴール裏に行ったら行ったで、あまりに排他的で殺気立っていたらやはり同様だ。理想論ではあるが、チームの調子が悪いときでも「このチームなら、もう一度見に来ようかな」と思ってもらえるような、スタジアムが一丸となった応援の雰囲気作りができれば最高だろう。そう言う意味では、東京が行っている「お祭り」というコンセプトに基づいたイベントも有効だと思っている。まずはスタジアムに来て貰う事が大事、そして足を運んできてくれた人がもう一度来たくなるためには、試合内容やスタジアムの雰囲気がワクワクするものでなければならないのだ。

    そして、一つ大事なこと。先日の本田選手の「世界で揉まれてない選手はダメだ」という内容の発言。確かに事実ではあるのだが、海外に行った選手が皆口を揃えてこのような発言をし始めたら、それこそJリーグにとってはネガティブキャンペーンになってしまう。「僕が育ったJリーグには、これから世界に羽ばたこうとしてるたくさんの新しい才能が溢れています」くらいなぜ言えないのか。影響力の強い人間の発言だけに、余計に頭にきてしまう。日本代表のサッカーしか見ない層は、こういう発言が周りにあれば、「そうだよな、やっぱり世界のサッカーのがレベルが高くて、Jリーグはダメだからな。実績のある本田が言ってるんだから」と、いつの間にか、極端な論旨にすり替わって頭にすり込まれてしまう。実はこう言うことの積み重ねが大きいのだ。Jリーグ衰退の要因というのは、こんなところにも隠れていると実感した。

    もう一度だけ最後っ屁。観客動員増に特効薬はない。突然明日から観客数が倍になることはない。もしあったとしたら、その倍になった部分は一過性であり、すぐにスタジアムから消えていく。解決策は地道な努力を続け、少しずつでも右肩上がりを続けるのみだ。今回の決定は、我々の危機感を煽るためには確かに効力があったかもしれないが、単に一過性の観客や収入を増やすだけにしかならない。もしかしたらば、一過性と言う事も把握しつつ、このような小手先の延命策をとりながら、その間に状況の改善を試みていくと言うことなのかもしれないが、それならそれでリーグ、チームは己の考えていることを、もっと明確に発言すべきだ。そして、我々ファン、サポーターにできることも明言して欲しい。このまま「決まりました。再来年から実施します。ご理解を。」では、断じてあってはいけない。


    P.S. 上記の意見は、Jリーグで選手たちが「いい試合をしている」という事ありきの話である。時間稼ぎでごろごろ転がったり、粗暴なプレーで観客に不快感を与えたりしないということが前提であるのは当然のことだ。そのためには、一度担架でピッチ外に運ばれた選手は2分間ピッチに戻れないとか、日本独自のローカルルールを実施するのも手だと思っている。

    にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
    JUGEMテーマ:スポーツ


    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://magpapa.melancholicia.com/trackback/1090393

    トラックバック

    ▲top