FC東京!好きで悪いか!!

FC東京!好きで悪いか!!《ウダウダと・・・そして熱く理不尽に!》

<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

<< 灼熱夜、冷や汗タラリの消耗戦 - J1第20節・vs 川崎フロンターレ【J特】 | TOP | 開き直れ! - J1第23節・vs サガン鳥栖【J特】 >>

2013.08.26 Monday

上ニモ勝テズ 下ニモ勝テズ - J1第22節・vs ジュビロ磐田【J特】

0
    上にも勝てず
    下にも勝てず
    パスにもタテポンにも勝てない
    弱い心を持ち
    迫力はなく
    決してシュートを打たず
    いつも静かに笑っている
        ・
        ・

    「お〜〜い、起きろ〜〜〜〜」と言いたくなるような、前半の東京。イージーなボールロストが盛りだくさんで、ジュビロに気合い負けしているような試合展開だった。確かにジュビロは割り切った戦い方にシフトしてきており、出足も鋭かったのではあるが、前半ではシュート2本と磐田よりも10本程度も少ないシュート数で、ジュビロの最後の精度に助けられていたと言っても過言ではない。というか、これがジュビロが下位にいる原因でもあり、もし中位以上のチームが相手だったら、前半だけで試合を決められていた。

    マリノス戦も全くバカバカしいまでの負け方であったが、どうも東京はハイプレスをかけられると、心も技術もボロボロになるクセがあるようだ。確かに東京が標榜するサッカーは、時として信じられないくらいセクシーなプレーを見せてくれるときもある。しかし、『なぜこんなチームに…』と思うようなパフォーマンスも決して少なくない、というか、相当に多いと思ってもいい。特にハイプレスをかけられると、いとも簡単にボールを失ってしまうことが本当に本当に本当に本当に多い。守りを固めた相手を崩せないのは、確かに戦術や技術の部分によるところが多いのだが、ハイプレスに焦ってのボールロストって、戦術とか云々の問題より遙か以前の、極めて根本的なところの問題のような気がするのだが・・・

    確かにこの試合での東京の守備位置が低かったというのもパフォーマンスに随分と影響しているのだが、イージーなボールロストは別にジュビロ戦に限った話ではないので、やはりそれだけが低パフォーマンスの原因ではないだろう。個々で見れば、ヨネのボール奪取は相も変わらず際立っていたり、石川の動きもキレていたり、それ以外にも局面局面では単発ながら言いプレーがあったのだが、フィニッシュに行く前にボールを失ってしまっていては、自ら試合を難しくするだけで、本当にもったいない。

    次節の鳥栖は、やはりハイプレス持ち味としているチームだが、ジュビロよりも調子がいいことに加え、豊田というゴールゲッターもいる。東京がジュビロ戦と同じような気持ちで試合に臨んでしまったらば、いくら戦術面をブラッシュアップしようが、またこれまでと同じ様な光景が繰り広げられてもおかしくない。2戦続けて無得点、川崎戦も含めると3戦連続でチームに停滞感が漂ってしまっているが、この悪い流れを断ち切れるのは、実は選手自身の気持ちやプレーでしかないのだ。優勝を口にする前に、しっかりと自らの足下を踏み固めて欲しい。そうすれば、上ばかりを見続けなくとも、自ずと結果は付いてくるはずだ。

    磐田戦で、ちゃんとしてたのは、新しいチャントだけ・・・ぬゎ〜〜んてね。鳥栖戦では、新しいチャントで、ちゃんと勝ちきるぞ!!

    にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
    JUGEMテーマ:スポーツ


    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://magpapa.melancholicia.com/trackback/1090389

    トラックバック

    ▲top