FC東京!好きで悪いか!!

FC東京!好きで悪いか!!《ウダウダと・・・そして熱く理不尽に!》

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 2点リードは大惨事の予感 - J1第16節・vs アルビレックス新潟【J特】 | TOP | 中断が開けると、そこはいつも我慢の日だった - J1第18節・vs 清水エスパルス【J特】 >>

2013.07.18 Thursday

原点との対峙 - J1第17節・vs ヴァンフォーレ甲府【J特】

0
    甲府のメンバー紹介で「Manager, Hiroshi Jofuku!」とコールされたときには、やはりスタジアムからは大きな拍手が上がった。そのコールは、自分の耳にも慣れ親しんだ響きでもあった。そして城福さんはかねてより明言していたとおり、試合開始前に東京ゴール裏に深々と礼をしてくれた。東京の選手のコールをしているときだったのでゴール裏も特に反応はしなかったが、そこら辺のタイミングも何だか城福さんぽいと思うところも多かった。

    東京にとっては、城福さんの標榜したサッカーが今のサッカーの原点でもある。城福さんは、地方クラブの可能性や限界と相対峙して現実路線を見据えつつも、やはり自らの標榜するサッカーを甲府でも続けている。東京は、監督は替われど、城福さんの掲げた夢の先に有ると言ってもいいサッカーを、その終着点として目指している。もしかして城福さんでなくても同様なサッカーの基礎は築けたのかもしれないが、発するメッセージの的確さや使う言葉の斬新さも相まって、個人的には城福さんは東京のレジェンド的な存在だ。だからこそ、城福さん率いる甲府には徹底的な勝ちを収めたかった。完膚なきまでに甲府を叩いてこそ、城福さんへの恩返しだと思っていた。

    試合結果は、前半こそ試合開始直後の不用意な失点が響いて1−1であったが、その後は甲府を圧倒し結果は4−1の圧勝となった。今の東京には城福さんが集めた選手たちも多いが、甲府戦での4得点はすべて『ポスト城福』の選手たちによって決められたものである。加えて、素晴らしいアシストを連発した大田も然り、ネマの得点につながる絶妙スルーを見せてくれた東も然り、残念ながら今節は途中出場となってしまった三田も然りと、城福さん以後に加入したにもかかわらず、城福さんの標榜したサッカーを体現できる選手たちが今の東京の中核を成している。

    この試合展開で思い出したのは東京がJ2を戦っているときの勝利のパターンだ。前半はそれなりにイーブンか一点差程度のスコアで終え、後半になって相手の足が止まってきたところで追加点を奪って相手の息の根を止める。そのためには、前半からボールポゼッションをし続けて相手選手を揺さぶり続け、それがボディブローのように後半に効いてくるのを待って得点を重ねる。細かい部分でのタクティクスは異なってはいるが、サッカーとしてはJ2時代を想起させるのに十分に見えた。この戦い方が今の上位チームに通じるかどうかは別ではあるが、一つの選択肢としては悪くないと思う。特に連戦で疲れがたまっているときには有効だろう。

    これで東京は中断明けの4試合で2勝1分1敗と、下位チームからはしっかりと勝ち星を稼ぎ、そこそこ悪くない戦績を収めてはいるが、本来なら3勝1分で終えられたことを考えれば、決して満足できるものではもない。泣いても笑っても折り返し点は通過した。残り17試合、首位広島との勝ち点差10をつめるのは楽ではないことではあるが、1でも多い勝ち点を奪い取って最低でも来季はアジアを舞台に戦っていて欲しいとも思う。

    ところで下の写真は甲府ゴール裏の方々なのだが、なぜか東京の「T」のコレオをしてくれちゃっているように見えたりして♪これじゃ東京は負けるわけにはいかないでしょ。


    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
    JUGEMテーマ:スポーツ

    コメント

    こんにちは。

    J2を戦っているときの勝利のパターンの話し、
    なるほど・確かに と思いました。
    確かに昨シーズンから「消耗させて後半勝負」の試合が見られなくなりましたね。
    当然、選択肢として持つべきでしょうね。

    ただ、最近はボールを回してても何か相手を消耗させられていないように見えるんですよね。
    自分達がスイッチの入れ所に困ってるのか、相手にハイハイ回していていいよと見透かされているのか…。
    それがJ1とJ2の違いなんでしょうかね。

    どちらにしても、
    攻撃のパターン・アイデアはもちろん、基本戦術の多様化は必要ですね。
    2013/07/20 4:53 PM by 幸運
    >幸運さん

    どもっ。

    たしかにJ1チームとJ2チームの違いは大きいと思いますが、
    それでも東京ぐらい能力のある選手が多ければ
    もうちょっと相手を消耗させる戦いというのも有っていいような気がしてます。

    相手のプレッシャーも強いんで、
    東京の選手たちもそこまで余裕があるプレーができないのかもしれません。
    でも、ホント、書かれているように、
    多様な戦術やアイディアは絶対に必要だと思います。
    それが無いとSEXY TOKYOじゃないですもんね。
    2013/07/21 10:50 PM by まぐパパ

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://magpapa.melancholicia.com/trackback/1090385

    トラックバック

    ▲top