FC東京!好きで悪いか!!

FC東京!好きで悪いか!!《ウダウダと・・・そして熱く理不尽に!》

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 負けに不思議の負けなし - J1第13節・vs 鹿島アントラーズ【J特】 | TOP | 原点との対峙 - J1第17節・vs ヴァンフォーレ甲府【J特】 >>

2013.07.15 Monday

2点リードは大惨事の予感 - J1第16節・vs アルビレックス新潟【J特】

0
    前半10分で2点リードを奪ったときには、正直イヤな予感がしまくりであった。おそらくほとんどの東京サポーターが秘かにそう思ったことであろう。試合後の今になっても、「権田の神セーブがなかったら」とか、「新潟のシュートがもっと枠に行ってたら」とか、ネガティブな「たられば」を考え始めると、恐くて恐くて夜も6時間くらいしか寝られなくなってしまいそうであるのだが、そのイヤな予感通り2点リード後の東京の出来は決して褒められたものでなく、試合全体を通して新潟に押される試合展開となった。もっと早くに3点目が取れていたらイヤな予感も随分と軽くなったのだろうが、3点目が決まったのが試合終盤であったこともあり、ずっと落ち着かない気分でいることになってしまった。ただここで勝ち点3を得たことは非常に大きいし、運も味方したとは言え無失点で試合を終えられたことも今後に繫がるはずだ。このまま4連戦の締めの甲府戦でもしっかりと勝ちきって欲しい。それが今の東京のサッカーの礎を作ってくれた城福さんへの恩返しでもある。

    しかし、今年は本当に後半での失点が多い。イヤな予感の始まりは鳥栖戦辺りからであるが、それが実際の敗戦に繫がった湘南戦、鹿島戦、広島戦や、負けはしなかったが負けてもおかしくなかった浦和戦など、特に夏場に入ってきてから後半のつまらない失点で勝ち点を落としてしまっている。試合の終わり方を間違えていなければ、この4試合で勝ち点を10稼いでいるはずであるが、それが実際は1を取るに留まってしまった。これも「たられば」であるが、この勝ち点を失っていなければ東京の勝ち点は32となっており、今現在東京より上位にいる広島、浦和、鹿島の勝ち点がその分減る事を考えてみると、首位の大宮に勝ち点差4の2位にいることになる。そう考えると、本当に取りこぼした勝ち点が実にもったいない。それに、その順位ならば『優勝』という言葉を口にしても恥ずかしくないが、今の順位でこの言葉を口にしてもどこか虚しさを感じてしまう。ただ、まだリーグ戦は折り返し点を迎えるところであり、選手たちには優勝を目指して勝ち星を積み重ねていって欲しいが、このような不安定な試合をしていては、好調さを維持している上位のチームに勝つ事は難しいし、下位のチームにも取りこぼしをしてしまうことも少なくないだろう。

    新潟戦でもそうだったが、今季の悪いときの東京はサッカーがチマチマしてしまう。同じ様な狭いエリアのプレーでも、キレのいいショートパスをつなぐというのとはほど遠く、相手の圧力にプレーが萎縮してしまい、弱い逃げのパスをさらわれてしまうのが随分と目立つ。技術で負けているのではない。完全に気持ちで負けている印象を受けてしまうのだ。だから見ていても本当にもどかしく感じてしまう。良く言われることだが、原因の一つはリーダー不在と言う事なのだろうか。今日のエルゴラによると、新潟戦では森重やアーリアが随分と声を出してチームを鼓舞していたとのことだが、勝利を掴めた要因の大きなところは、このようなリーダーシップをとる選手がいたからなのかもしれないとも考えてしまう。ただ、チマチマしたサッカーをしていた時間も多かったのは事実として認めなければならない。それもあって、三田のプレーは実に活き活きとしている印象を受けた。まだ相手に研究されていないというのもあるのだろうが、それを差し引いてもプレーに思いきりのよさを感じる。今後の東京の浮沈の鍵は、もしかしたら三田が握っているのかもしれない。新加入の三田が活躍すれば、他の選手だって目の色が変わってくるはずだ。正直、今の東京の選手達にはぎらついた感じが少ないが、三田のプレーからはぎらついた熱いものをガンガンと感じるのだ。三田には以降の試合でも、ガシガシと好きにプレーして欲しい。

    ところで、ずっとエントリーを上げていなかったのは、「中断後は、東京が勝つまでは書かない!」と強気な宣言をしたわけでもなく、「仕事が忙しくて忙しくて・・・」と働き者の振りをしたかったわけでもなく、はたまた「酷暑で頭が壊れていた」というのは若干当たってはいるが、元々それほど作りがデリケートではなく、最初から壊れ気味ではあるので今さら酷暑でどうなるわけでもなく、中断期間中に何も書いていなかったら、愚かにも自分がブログをやっているのを忘れてしまっただけであり、「何か忘れているような感じだな〜〜」と新潟戦後にぼんやり思っていて、やっとブログの存在を思い出したということに他ならない。『また苦悩の日々が始まりますね』とは、広島戦でお会いしたひらすけさんの言葉であるが、本当に苦悩の日々から始まった中断後の東京。しかし、この勝利を起爆剤にして、連勝街道まっしぐらと行きたいものである。

    次は水曜日に城福さん率いる甲府。甲府は現在6連敗と絶不調中ではあるが、それだけに捨て身でやってくるはずだ。城福さんも東京にだけは負けたくないはず。これこそ気持ちで負けてしまってはダメな試合。絶対に勝つぞ!絶対に勝つぞ!こっちも平日開催だが絶体に行くぞ!絶体に行くぞ!ビールも350円だし!!

    にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
    JUGEMテーマ:スポーツ

    コメント

    浦和→新潟と弾丸ツアーで、くたくたで、かえって来ました。三田は良いですね。去年のネマ見たいに、キーマンになって増す。しかしネマと違うのは、三田は日本人であること。若手であること。これでみんな切磋琢磨してもらいたいです。三田は多少シュートを外しても、ファンには許される若さだから、ガンガンシュートですね。ジョウフクさんに勝つのが一番の恩返しです。
    水曜日は、さすがに行けませんが、たくさんビール飲んでくださいね(笑)
    2013/07/15 9:49 PM by よいち
    >よいちさん

    アウェイ遠征、お疲れさまでした。私は度地も現地に行けませんでした。
    娘は浦和には行けましたが、新潟はさすがに参戦アウトでした。

    三田、いいですね。甲府戦では先発から外れましたが、
    これもいい刺激になると思っています。
    本当に将来の東京を背負って立つ選手になってくれそうです。

    ところでビールですが、積売りのビールは500円のままでした。
    味スタ内の売店で売っている『生ビール』が350円と言うことでした。
    「う〜〜〜む」と思いながら、芋焼酎のロックをグビグビグビグビとやっておりました♪
    2013/07/18 10:48 PM by まぐパパ
    ブログ村の新着エントリーにでて来なかったので、ブログ中断中かと思ってました。すんません。
    今回の甲府戦をうけてなんらかのアクションがあるかと覗いてみました。やっぱり一礼の場面目指してスタジアムにこられていたのですね!城福さんには感謝の一言しかございません。ところで三田くんいいですね~。ジャスールや東、ネマって城福浩以降の東京戦士はたくさん居ますが他チームで実績のなかった選手が出てきたのって、本当に久しぶりだと思うんですよ!このままレギュラーに定着して欲しいですね!
    2013/07/18 11:45 PM by ひらすけ
    >ひらすけさん

    中断していたわけではないのですが、
    ボーッとして書くのを忘れておりました。

    甲府戦は平日だったので参戦はダメかと思っていたのですが、
    色々なラッキーと画策の末に参戦できました。
    娘と二人で城福さんの一礼はしっかりと目に焼き付けました。
    今の甲府は、状況は相当に厳しいですが、
    東京戦以外では頑張って欲しいところです。

    三田はいいですね〜♪
    プレーが見ていて小気味いいです。
    スカパー!でも金田さん褒めてましたね。
    甲府戦では先発から外れましたが、
    ホント、先発に定着して欲しい選手です。
    2013/07/21 10:44 PM by まぐパパ

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://magpapa.melancholicia.com/trackback/1090384

    トラックバック

    ▲top