FC東京!好きで悪いか!!

FC東京!好きで悪いか!!《ウダウダと・・・そして熱く理不尽に!》

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< はい、そこ正座 - J1第11節・vs 湘南ベルマーレ【J特】 | TOP | 2点リードは大惨事の予感 - J1第16節・vs アルビレックス新潟【J特】 >>

2013.05.25 Saturday

負けに不思議の負けなし - J1第13節・vs 鹿島アントラーズ【J特】

0
    アントラーズは苦手とか、鹿島スタジアムでは勝てないとか、そんなフラグは個人的にはどうでもよかった。東京が自分達のサッカーを体現できれば結果はついてくると考えていた。確かに東京は前半自分達のサッカーをすることができたが、後半はこれまで何度も見た事があるような、つまらないボールロストからの3失点をしてしまい、結局は何度も見たような逆転負けとなった。あれだけつまらないミスをして試合のペースを相手に渡してしまっては、試合に勝つことは出来ない。そして、鹿島と東京の違いが大きく見えた試合でもあった。

    鹿島は確かに強いチームだが、東京と一番違うところは、つまらないボールロストをしないところ。トラップもしっかりと収める。イージーミスがほとんど無い。止める、蹴る、がしっかりしていてプレーがエレガントだ。東京の選手たちは技術が高いと言われるが、それはチームの連動性や難易度の高いプレーとかの部分。流れるようなパスワークは確かにファンタスティックでセクシーだが、トラップは浮いたりずれたりすることも割とあり、いわゆる「ポカ」というような大ミスも時折してしまう。

    その違いは前半からも見えていた。東京は確かに試合のペースは握っていたが、ボールロストは東京の方が多かった印象が有る。これはチャレンジングなプレーの多さとも関係しているではあろうが、そう言う難しい局面のことでは無く、本当にイージーなミスの部分のところだ。後半の失点の前には必ず「えっ・・」と思うようなミスがあった。前半は鹿島も細かいミスをして東京のミスを付けていなかったが、後半は東京のミスが自陣ゴール近くで起こったこともあり、そこを見逃さずに鹿島は得点を重ねた。このような事は鹿島戦に限らず、今季の東京の試合全般に思っていたことでもある。これは、東京の選手たちがヘタと言うことではない。おそらくメンタルの問題の方が大きいのだと思う。

    ポポ監督も試合後のインタビューでやはりメンタルに言及していた。東京のサッカーの方向性はこのままでいい。しかし、そのサッカーを試合で具現化するためには、ちょっとやそっとで動揺しないメンタリティが必要となる。そう言う意味では、選手のメンタリティに関しては、今のままでは厳しいだろう。ただ、東京の選手たちは最後は戦ってくれた。前半同様の気持ちを見せてくれた。だからこそ、後半立ち上がりフワフワとした状態での失点がもったいなかった。後半の入りがしっかりしていれば、結果は随分と違ったものになっていたはずだ。

    そして・・・草民、下を向くな!今の草民に必要なのはスマートで華麗なプレーじゃない。それこそ高橋が清水戦で見せた魂のゴールのような、泥臭くても気持ちのつまったプレーが必要だ。待ってるぞ!!

    ところで、ここら辺で選手の気持ちに活を入れる意味でも、久々に大熊GMの大声が聞きたいぞ。
    「た〜〜〜な〜〜〜べ〜〜〜〜っ!!!」

    にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
    JUGEMテーマ:スポーツ

    コメント

    現地組です。


    前半は鹿島らしからぬ戦術ダヴィにも助けられ、2点リードで終了。
    リードされた鹿島が出て来る後半は上手く裏をつけるかな、と思っていたら、立ち上がりから『何も考えてなかったのかよ〜。』状態のユルユルプレイであっさり失点。東京のキックオフだったのに。

    まだ一点リードしているのに、守るのか攻めるのかはっきりせず、結果として鹿島に押し込まれて、人はいるのに相手につけず、あっさり動転、否同点とされる。

    あとは同点で勢いの出た鹿島攻撃陣の対応に体力を削がれた東京守備陣に攻撃参加の余力はなく、東京の攻撃に迫力は出ませんでした。
    終盤せっかく平山・林を入れても、二人にボールを入れる中盤がヘバって機能せず。

    アウェイ鹿島という厳しい環境で前半にリードしたことで、慢心(厳しいかもしれませんが、あえて言います。)した未熟な選手達が高い授業料を払ってしまいました。

    この借金は、ホームで返してもらいましょう。


    それにしても、本当に悔しいです。
    2013/05/26 11:38 AM by コタツねこ
    >コタツねこさん

    本当にもったいなかった試合でしたね。

    自分達からみすみす相手にペースを渡し、
    そのまま逆転負け・・・
    これじゃ、相手が鹿島だろうが、どんなチームだろうが
    勝てるわけありません。

    技術はそれなりに安定しているのですが、
    メンタルの振れ幅が本当に大きすぎるように思います。

    分かっていて同じ過ちを繰り返すというのは、
    多分選手たちの心の中にも、勝っていても
    「こんなはずじゃ無い」みたいな気持ちがあるのかもしれませんね。
    いわゆる「敗者のメンタリティ」と言っていいのかもしれませんが。

    思いっきりホームでは借りを返しましょう。
    鹿島には、城福さんの時代に勝った以来、
    リーグ戦では惨めな負け方しかしていないように思えます。
    2013/05/26 12:50 PM by まぐパパ
    その城福東京の鹿狩りを目の当たりにしました。
    テレビ観戦でした。僕が鹿島スタジアムに来てから一回も勝てず、ナビスコでは僕が行かずに勝ったから、「今回も勝てるか?」と思いましたが…。問屋が卸さなかったですね。
    これ以上、鹿島の噛ませ犬にはなりたくないし、湘南戦といい、噛ませ犬からの脱却をしないと!
    茨城は寒くて、選手のコンディションも影響したかもですが、このまま強豪に勝てない東京でいてほしくない。そろそろ、殻を破ってほしいです。
    本気に悔しい試合でした。
    2013/05/26 6:33 PM by よいち
    >よいちさん

    あの鹿狩りは楽しかったですね。
    大竹のプレーが鮮烈に印象に残ってます。
    ホント、今回も行けると思ったのですが、
    後半の入りがすべてを決めてしまいました。

    選手達にはこの試合を単に「悔しい」で終わらせて欲しくないです。
    しっかりと「恥ずかしい」と思って欲しいと思っています。

    ホーム鹿島戦では、3倍返しで行きましょうか。
    2013/05/31 5:17 PM by まぐパパ

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://magpapa.melancholicia.com/trackback/1090383

    トラックバック

    ▲top