FC東京!好きで悪いか!!

FC東京!好きで悪いか!!《ウダウダと・・・そして熱く理不尽に!》

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< デジャブな試合 - J1第10節・vs ジュビロ磐田【J特】 | TOP | 負けに不思議の負けなし - J1第13節・vs 鹿島アントラーズ【J特】 >>

2013.05.12 Sunday

はい、そこ正座 - J1第11節・vs 湘南ベルマーレ【J特】

0
    雨の湘南。ちょっと前にも書いたが、北斗の魂のアシストで勝利を飾った記憶も残っており、印象としては悪くない。なんとなくその時の再現を期待したりもした。こちらも準備万端。雨にもかかわらず、しっかりと肉の屋台も出ており、試合前には肉やら肉やら肉やら肉を買い込み、入場ゲートの脇の雨宿りできるエリアに場所をとり、雨を見ながらの酒盛りと、風情があるのかないのかよく分からない状況でのグビグビグビおやぢとなっていた。その時には、前もってテープ貼りに行った快晴の日を思い出し、平塚駅前の商店街のフラッグも青赤なっていたことに一人ニンマリとしていて、まさかこの後にボー然自失の結果が待っているとは夢にも思っていなかった。



    雨の影響もあってか9000人に届かなかった入場人数。それでも東京側ゴール裏はソールドアウトの満員状態。



    かたや湘南ゴール裏は、ちょっと寂しい状態。これはホームジャックするしかないでしょ。



    などと思っていたのだが、意外と場内アナウンスの音量がでかく、ちょいと東京側のチャントの調子が出にくいのに加え、湘南の選手たちの楽しいキャッチコピーに悶絶状態。実はここら辺から湘南の怪しいペースに取り込まれつつあったのに気付いていなかった・・・無念・・・ってか、「湘南急行」を「Shonan Express」とか楽しすぎだろ。でもそのエクスプレスにやられてしまったのだが・・・

    で、試合は・・う〜〜む、湘南の出来がいいのか、東京の出来が悪いのか・・・湘南のハイプレスいやだな〜〜、高いラインに手こずっているな〜〜、寄せが甘いな〜〜、判断が遅いな〜〜〜、中途半端なロングボールばかりだな〜〜と思っていたら・・・あ・・決められちゃった・・・何だか最近こんな風景よく見てるような気が・・・デジャブのデジャブか。


    前節同様、後半に入り選手たちの動きが明らかに変わり、怒濤の2連続得点。よし、これからだ!3点目をとって試合を決めるぞ!と思っていたら、安心してしまったのか東京は攻めることは出来るものの、湘南も決してやられているという感じでもなく、ちょいと膠着状態・・・で、その後は何が起こったか記憶が飛んでおります。気がついたときには、速攻で娘と東海道線に飛び乗り、速攻で帰宅し、速攻で風呂に入り、速攻でレンタルDVDの映画を見て現実逃避状態。サッカーの試合なんて今日ありましたっけ??いや〜〜、ないない♪では、何で声がかすれてる・・・??

    今節の負けは痛い負けではあるが、それより、ここ3試合じわじわと試合内容が悪くなっているのが気になる。鳥栖戦はかろうじて勝ったが最後に押し込まれ、磐田戦では勢いで引き分けには持ち込んだが磐田の圧力に押される試合展開、そして・・・記憶喪失・・・監督の言葉にもあったが、メンタルの問題というのが、またイヤな感じだ。しかし、「メンタル」というのは本当に難しい。J2の1年間でちょっとは逞しくなったと思っていた。そしてJ1に戻って2年目、「メンタル」で勝った試合もあるが、どちらかというと今節のように「メンタル」で負けたという試合は決して少なくない。で、ここ3試合は毎試合後「メンタル」の問題が話題に上ってしまうような試合ばかりだ。

    そしてそれを象徴するような高橋の試合後の涙。自分のミスに対する不甲斐なさを感じての涙なのだろうが、「メンタル」と言うことで言えば、正直ひ弱さを感じてしまう。確かに昨日の高橋のミスの後のプレーは、これも「メンタル」のせいなのか、気持ちが空回りしているような、周囲とかみ合わないプレーも随分とあった。今日に限らず高橋の最近のプレーには、チャレンジとはちょっと違う少し独りよがりとも見れるようなプレーが時折感じられ気になっていたのだが、チームの中心となるべきポジションの選手がこれではダメだろう。高橋は代表に選ばれている選手でもあり、チームをぴっぱって行かねばならない存在でもある。今一歩の奮起を期待するところではあるが、もともとプロになる事も考えていなかった自然体が高橋の良さでもある。だからこその、時折姿を見せる弱さなのだろうが、そこはプロ。この試合を糧にするのは当然のこと。こんな事軽く乗り越え、もっともっと遙かな高みを目指して欲しい選手だ。東京が優勝したときには、この試合を笑い話で話せるようになればいい。

    どうも「いい人、高橋」の印象があるし、実際それ故に悩むことも多いのかもしれないが、たまには悪い人になっちゃえって・・・で、とりあえず、アーリアと一緒に正座の後には丸刈りということで。眉も剃っちゃえば、一気にコワい人。はい、ヨロシク!

    丸刈りボランチコンビ誕生か!
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
    JUGEMテーマ:スポーツ

    コメント

    現地組です。


    前半立ち上がりは、湘南のスタミナなんてカンケーネェの特攻攻撃に気合い負けして8分で失点。

    後半怒涛の攻撃で4分で逆転するも、同じミスを連発して敗戦。

    確かに後ろの選手は休めないので疲れがあるのはわかるのですが、技術ではなく戦う気持ちで湘南に負けていたように感じました。不調の湘南を舐めていたのか、本当に残念。

    平山入れてからは前線へのロングボールOKの筈なのに、パスをつなぐことにこだわりすぎ。工夫も足りない。


    中断迄の残り3試合、もう一度ネジを巻き直して全勝を狙って欲しいです。
    2013/05/12 12:44 PM by コタツねこ
    >コタツねこさん

    湘南は積極的でしたね。
    ただ、それを差し引いても東京の立ち上がりの悪さは気になります。
    今季の積み上げはどこに行ってしまったんだろうという感じです。
    ヘタをしたら、積み上げ分は「千真の覚醒のみ」になってしまうかもしれません。

    書かれているように、判断も悪かったですね。
    確かにこういう試合も長いシーズンには必ずありますが、
    この試合を引きずらないためには、
    ナビスコを含め後3試合、中断前の試合を勝ちきることが大事です。

    Jは下位チームでも油断なりませんが、
    それでも降格圏近辺の3チームと対戦して、
    勝ち点が4というのは、優勝を口にするチームにしては
    ちょっと厳しいなと言う感じです。
    2013/05/13 9:34 AM by まぐパパ
    雨の中お疲れ様でした。現地でした。ハイライトを見ましたが、確かに秀人とアーリアの痛恨のミスでした。しかし、いつもなら後ろで徳永辺りがカバーしてたような気が…。DF陣も疲労があるんでしょうか?
    得点できるようになりましたが、失点を少なくするにはどうするべきか…。今一度考えていかないとですね。しかしまあ湘南のプレスは凄かったですね。
    僕はもう中断まで現地参戦は無理ですが、(鹿島にいくはずが、都合が悪くなっちまいました)残り試合全て勝て!!!と、平塚で念を送りました。
    これ以上上位に離されないように、全て勝ちましょ!
    2013/05/13 11:42 AM by よいち
    秀人については、・・・ですね。スパイクどうなの?がまず1つ、あの雨で後でまわす、しかもライン同士の横パスは、怖くてしょうがなかったのですがやっぱり・・って感じです。それとアーリアのミスの後、カバーに行った秀人は、なぜすべらなかったのか?です。恐らく映像で観る限り間に合っていたと思いますね。退場になっていたかもしれませんが、それでもすべった方が良かったと思われます。
    また、アーリアについては、これもあそこで横パスをして欲しくなかったのと、もっと悪いのは、受ける前にきちんと頭を振って、相手が来るのをしっかり見れていたにもかかわらず、トラップをする前に相手から目を切ったのが最大の失敗ですね。後を向いて右に逃げるのではなく、身体を開いて左に身体を向けるべきだったと思います。最悪前にけることも出来たし、秀人にリターンすることも出来たと思います。目を切った時点で、相手が左からか右からか、どのタイミングでつつきに来るかが分からなくなり、一瞬のうちに派に食ったのだと推測できます。今とナってはなにを言ってもしょうがないのですが、プレーの本質と言うか原則を今一度見直して欲しいと思いますね。因みに秀人も切り返されたときにターンがでたらめな時がたたあるのですが、なぜコーチは修正させないのか不明です。長文申し訳ないです。
    2013/05/13 4:12 PM by プリメロ
    管理者の承認待ちコメントです。
    2013/05/13 4:29 PM by -
    >よいちさん

    雨の日に勝つと相当に気持ちいいのですが、
    逆に天気が悪くて負けちゃうと、ど〜〜〜〜っと疲れが出ますね。

    DF陣、確かに疲労は有ると思いますが、
    おそらくほんのちょっとの間隔のズレみたいなものが、
    プレーに大きく影響しちゃってるんだと思います。

    前半は随分とロングボールが多い印象が有りましたが、
    千真のコメントを見ると、プレスが強かったので積極的に裏を狙ったと言う事でした。
    しかしそれが逆に中盤の間延びにつながり、
    より湘南に楽にプレーさせてしまった形になってしまいました。

    おそらく、裏に抜けるボールでゴールを奪っていれば違ったんでしょうが、
    雨ですべる慣れてないピッチで、少し間隔も鈍っていたのかもしれません。
    ホント、サッカーは奥深く難しいものだと痛感しました。

    中断前の残り試合、全部勝っちゃいましょう!!
    私は全部参戦できないのですが、念は送ります!!


    >プリメロさん

    そこら辺は、ある程度相手との駈け引きの部分が大きいと思います。
    確かにやってはいけないミスではありますし、
    同じ様な想いを抱く方は多いと思いますが、
    相手もサッカーで飯を食っているプロですし、
    そう言う意味では、失点の局面では、
    秀人やアーリアは「相手との駈け引きに負けた」と言う事だと思っています。
    そこまでのプレーの積み重ねで、相手の裏の裏の裏をかいてパス出したり、
    ドリブルをしたりと、色々なことを試みているわけですしね。

    また、ピッチ上では見える風景もまったく異なりますので、
    確かに我々が見ていて思うことと違う感覚でプレーしていることも多いはずです。
    ですので、どのプレーが最良だったと簡単に結論づけることは出来ないのですが、
    私としては東京のスタッフ、選手たちを信じて応援し続けるのみと思っています。

    今回の敗戦は、非常に辛く痛いものでしたが、
    私としては、本文にも書きましたが、試合内容がじわじわと悪くなっている方が気になります。
    新潟戦はメンバーが大きく替わってくると思いますので、
    参考に出来るかどうかは分かりませんが、
    次節リーグ戦の清水戦でのパフォーマンスを注視したいと思っています。
    2013/05/14 10:06 PM by まぐパパ
    かんりにんさん
    こんにちわ、あのような敗戦を喫するとどうもプレーを整理しないと落ち着かないので、こちらで書いてしまいました。大人気なく申し訳ないです。
    と言うのも指導者もやっている関係で、現地で観戦じたあと
    VTRでも問題のプレーや良かったプレーなどを編集して、選手に見せるようにしてきたので、まあ、気が付くことが人より大げさになってしまっているのだと思います。
    といっても彼らには期待しているし、大きく成長して伸び伸びやって貰いたい気持ちは変わりませんので、水曜日にはまた国立に行こうと思います。兎に角彼らには頑張って貰いたいですね。
    2013/05/15 8:37 AM by プリメロ
    >プリメロさん

    ご丁寧にありがとうございます。

    自分もこの場で不満をぶつけることも多々ありますし、
    今回のプリメロさんのコメントに何か非難をしたと言う事でもまったくありません。
    自分なりに、高橋やアーリアが何であんな信じられないようなミスをしたのか、
    そこら辺を考えてみてのリプライでした。
    こちらこそお気を使わせてしまってすみませんでした。

    ところで、サッカーの指導をされているとのこと。
    それは子供たちですか?
    私も以前ちょっと書いたことが有るのですが、
    少年サッカーチームのお手伝いを長くさせてもらっています。
    その縁で、一度味スタでも前座の少年サッカーの試合で笛を吹きました。
    その時には東京はまけてしまいましたが・・・・
    ピッチから見る観客席というのは、思っていたよりも顔も見えますし、
    前座試合くらいの人の入りだと、声も意外と聞こえます。
    プロが使うスタジアムのピッチに立てたのは、ホントに貴重な経験でした。
    2013/05/15 9:54 AM by まぐパパ
    まぐパパさま
    こちらこそ、ご丁寧なコメントに感謝いたします。
    ご質問の件ですが、指導者は結構長くやっていまして、大学時代に三菱養和SCでアルバイトコーチをやってのが指導者の始まりです。今も某チームで、U12〜U18までの広いカテゴリーで指導をしています。と言っても今はフルタイムの指導者ではありませんが・・・、ライセンスはJFAのBです。この前のゲームは、雨の日に起るべくアクシデントがテーマで編集してU18の選手たちに見せたところ結構食いつきが良かったですよ。あのプロ選手たちでも・・っところが相当自分に置き換えて見ていたようでした。ご両人には申し訳なかったのですが、子供達にはいい例となりました。
    2013/05/15 10:42 AM by プリメロ

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://magpapa.melancholicia.com/trackback/1090382

    トラックバック

    ▲top