FC東京!好きで悪いか!!

FC東京!好きで悪いか!!《ウダウダと・・・そして熱く理不尽に!》

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 手負いの子鹿か、飢えた狼か - J1第6節・vs ベガルタ仙台 | TOP | ヨネ様ルカ様ヒガシ様 - J1第8節・vs 川崎フロンターレ/第21回多摩川クラシコ【J特】 >>

2013.04.24 Wednesday

反撃への第一歩 - J1第7節・vs 名古屋グランパス【J特】

0
    前半は何だか東京の選手たちの動きも堅く感じられ、良いプレーや惜しいシュートシーンも多くあったにもかかわらず、何だかよく分からない井上主審のジャッジも相まって、どうにも嫌な雰囲気が漂いまくっていた。そうしたら案の定、と言うかまるで最近のデフォルトのようにケネディにヘッドで決められ、完全に「あらら・・」の展開となってしまった。確かにケネディの打点は相当に高かったが、その前のセンタリングを上げたダニルソンを余りにもフリーにしすぎたのが失点の要因だろう。あれだけ集中していたにもかかわらず、突然エアポケットのようにダニルソンのまわりから東京の選手が消えてしまっていた。挙げ句に主審のハンド見逃し。「闘莉王だったら何をやってもいいのかっ!」と、まるで新日に戦場を移さざるを得なかったUWFの前田日明が、藤原戦後の猪木に向かって吠えた言葉のような事しか言えない前半の展開だった(・・・って、この例え、誰が分かるのだろうか・・・)が、選手たちはまったく意気消沈することなく、また焦って攻め急ぐこともなく、自分達のサッカーを体現し続け、前半ロスタイムの最後のプレーでPKをもぎ取り同点に追いついた。名古屋からしたら非常に痛い時間での失点だが、東京にとっては取れそうで取れないじれったい展開が続いていただけに、これで随分と選手たちも気が楽になったはずだ。

    名古屋は確かに個の怖さはあったが、チーム全体としてみれば東京の方が完成度が高いサッカーをしていた。しかしそれでも得てして個の力に敗れてしまうことがあるのがサッカーであるし、そのような状況に陥ることも多かった東京だったのだが、今の東京は個の力でも決してまけてはいない。両サイドの攻防では完全に名古屋を圧倒していたと言ってもいいし、加えて中央では米本が相手の攻撃の目を潰しまくっていた。ここ数試合の米本の無双ぶりははっきり言って凄い。本当にダルシムのようだ。おそらく相手のボールを狩らせたら、今のJでは米本の右に出るものはいないだろう。千真やルーカスを押しのけてトーチュウのMOMに選ばれたのも頷ける。

    しかし、名古屋の田中さんには笑わせて頂きました。田中さんがネタ男なのはいつものこととは言え、ハンドに始まり負傷で倒れている太田への優しき添い寝も含め、前半はネタ男さんパワー全開と言ったところ。後半になるとネタ男さんパワーは完全に影を潜めてしまったが、これも劣勢になったときにはいつものことなので、こっちとしてはニヤニヤニヤニヤと見ているだけの話。本当の大和魂を持った闘将ならば、自分のチームが劣勢の時ほどネタ男になってくれないと。これじゃやっぱりただのリアルジャイアンにすぎんて。

    ところで田中さん曰く『倒れながらだとハンドではない!』とのこと。知らんかった・・・FIFAのルールブックにも書いてないことを、さすが田中さんだ。今度からシュートがゴールマウスに来たら、みんな倒れながら手を出せばいいんだな・・・って、これじゃ「ネタ男」じゃなくて「寝た男」じゃん!

    おあとがよろしいようで。

    ってか、太田が倒れている時の田中さんの態度って、非紳士的行為でイエローなんじゃないか?

    にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
    JUGEMテーマ:スポーツ

    コメント

    まずは連敗を脱出できたのが非常に良かったです。
    一真もまた点をたくさん取れるようになると良いですね。本人が一番ホットしてると思います。平山も動き自体はかなり出来上がってるんですが、確か終盤にチャンスがあったのを、左サイドからクロスにいきましたよね。あれはシュートで勝負してほしかったです。
    今回も田中をかなりいじってたようですね(笑)テレビで見てて、ブーイング強烈でした。
    GWに突入しますが、土曜日多摩川クラシコと、ベアスタに行きます!ようやく今年初の味の素スタジアムだから嬉しいです。
    そろそろネマゴールも出そうな気配が…!?
    2013/04/24 12:18 PM by よいち
    >よいちさん

    ホント、とりあえず連敗脱出がなによりでしたね。

    水曜の大分戦では、また攻撃が停滞してしまいましたが、
    明日の川崎戦ではまた絶体にやってくれると信じています。

    名古屋の田中さんをいじるのは楽しいです。
    いじっても全然へこたれないので、とてもいじり甲斐があります。
    東京にはいて欲しくない選手ですが、
    対戦相手として対峙するときには、欠かせない存在です。

    ネマが怪我をしてしまったようですが、ちょっと心配ですね。
    私は今年のレプリカはネマにしてあるのもあって
    早く昨季以上の活躍を見せて欲しいと思っております。
    2013/04/26 10:16 AM by まぐパパ

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://magpapa.melancholicia.com/trackback/1090378

    トラックバック

    ▲top