FC東京!好きで悪いか!!

FC東京!好きで悪いか!!《ウダウダと・・・そして熱く理不尽に!》

<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 何が何でもブレずに自信を持って突っ走れ! | TOP | 反撃への第一歩 - J1第7節・vs 名古屋グランパス【J特】 >>

2013.04.13 Saturday

手負いの子鹿か、飢えた狼か - J1第6節・vs ベガルタ仙台

0
    どのチームも同じ条件とは言え、調子がいいチームならば勢いで突っ走れるが、今ひとつの状態に陥っているチームは、気持ちのリセットが出来にくいこともあり、連戦となるとどうしてもズルズルといってしまいがちになる。対戦相手の仙台も似たような状況であったが、今季導入した4−3−3を先日のACL・FCソウル戦から慣れ親しんだ4−4−2に戻し、昨季の勢いを取り戻していた。片や東京というと決して悪いサッカーをやっているわけではないし、自分達のサッカーを実践しているにもかかわらず、僅かだが致命的なほころびを必ずと言っていいほどどの試合でも露呈してしまい、そこを相手につかれた形での嫌な敗戦が続いてしまっている。

    仙台には自らが立ち返る場所がありそれがここ2試合での巻き返しに繋がっているわけだが、現状目指すサッカーを行っている東京にはそう言う意味での立ち帰れる場所がないように見える。しかし、東京の問題はそのようなシステム上の問題ではない。試合によって色々とシステムのバリエーションが有り、選手からすればそれがやりにくさに繋がっているような発言もあったようだが、同じシステムで試合に臨んでも相手の対応によってはやりやすさがまったく違ってくるのは当然であるし、極論に近いかもしれないがポポ監督が言うような『システムではない』というのは確かにそうだと思う。それよりもプレーにおける「余裕の無さ」が気にかかる。結局は今のチーム状況を反映してか、力みや焦りが生じてしまっているのかもしれない。

    今の東京のサッカーを見ているとギリギリのプレーが多い。サッカーは物凄い個と個のせめぎ合いのところで行っているスポーツなので、ギリギリなのは当然なのではあるが、必死に守る相手をねじ伏せよういう強さが見えるギリギリさではなく、相手の守りをこじ開けようとしているがそれがかなわない感じの、攻めているにもかかわらずまるで受け身に廻っているかのようなギリギリさを感じてしまうのだ。そんなプレーが「焦り」を感じる原因なのかもしれないが、確かに連敗が続いてしまえば焦りはどこかに生じてしまうと思う。ここで試合は1週間空くのでしっかりと気持ちをリセットして欲しいところだ。

    個人的には、ここら辺でこれまで出場機会の少ない選手を見たいが、こういう感じで負のスパイラルに入っているときには、チャレンジングなトライアルは諸刃の剣でもあるので、このまま行くのもありかもしれないとも思っている。ただ、試合に飢えた選手たちの意地が今の閉塞感を打ち破ってくれるのも期待してしまう。平山も良かったし、ネマも長い時間見てみたい選手だ。彼らの試合に飢えた強い気持ちは、東京にいい効果を必ずもたらすと信じている。

    李の得点に繋がった平山のヘッドでのアシストは素晴らしかったが、あのプレーで思い出した試合がある。今と状況は違うが、2年前東京がJ2を戦場としていたとき、シーズン終盤で代表での離脱やら色々な状況が 重なり、随分とメンバーを入れ替えざるをえない試合があった。3試合勝ち星がなく(2分1敗)、その試合で敗れてしまうと、追い上げてきているサガン鳥栖との差が1になってしまう可能性もあった試合だった。先取点を取ったあと攻めあぐね、嫌な形で同点に追いつかれた後のセザーの2点目、これがその後の東京を変えたと言っても過言ではないだろう。この1点で湘南戦を勝ち越し、その後はJ1昇格、J2優勝を決め、最終戦の札幌戦まで星を落とすことはなかった。リーグ戦後の天皇杯では元旦に優勝を飾ったことも、この勝利が有ったからこそとも思っている。

    このセザーの得点は劇的であった。セザーのシュートも良かったのだが、その前の北斗の気迫溢れるアシストプレー、北斗は久々のスタメンであったがこの1プレーで1年分の仕事をしたと言ってもいいくらいだ。今の東京にはこんなプレーが是非とも欲しい。ヨネはよくこんなボール奪取を見せてくれるが、前線の攻撃陣でこんなプレーで勝利を得ることができれば、チームも随分と吹っ切れると思うのだが・・



    その動画がYouTubeに有ったので貼ってみた。2つのゴールが収められているが2点目の方。この時はゴール裏で爆裂していたぞ・・・って、そういえば北斗の復帰はまだなのだろうか?11月中旬の怪我で全治4ヶ月と言う事だからもうそろそろ出てきてもおかしくないのだが・・・待ってるぞ。そして・・・マツも待ってるぞ。負けるな、頑張れ!

    この時の東京は手負いではあったが明らかに『飢えた狼』であった。不利な状況に陥っても決して焦らず、獲物を前にしても慌てず、しかしながら最後には相手に強烈な牙をむいてとどめを刺した。狼は決して焦らない。焦らなければ必ず相手を仕留められることが分かっている。手負いの子鹿にはそれがわからない。相手の一撃に焦り、その焦りがパニックを生み、狼の牙にやられてしまう。窮鼠猫を噛むと言う言葉があるが、切羽詰まったネズミの全部が全部凄い力を出せるわけでは無い。焦れば確実に仕留められる。確かにやけっぱちかもしれないが、焦らずに、そして怖がらずに相手と対峙することが大事だ。

    今の東京には飢えた狼たちが沢山いる。飢えた狼たちの意地が見たいぞっ!

    にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
    JUGEMテーマ:スポーツ


    コメント

    現地組です。

    前半は良かったのに、後半立ち上がりの不用意な失点で自分たちで試合運びを苦しくしています。

    ミスを恐れて却ってミスを招いている悪循環。


    固定化された先発メンバーに疲労が蓄積されて来た今こそ、サブ組の出番です。
    積極的なプレーをどれだけ出来るかが、鍵だと思います。
    2013/04/14 3:21 PM by コタツねこ
    現地行きました。
    確かに、J2の湘南戦のあのときは、今でも鮮烈な記憶になってます。あのときは「絶対に負けらんない」と、声を出しまくり、それで呼び込んだセザーでありました。これと同じような試合を、物にできるかどうかが、これからの東京には大事になってきます。
    昨日見た感じでは平山も機能してきてますので、次はそろそろサブ組の腕のみせどころかなと、個人的にも思います。しかし本当ならこの閉塞感の中に羽生先輩がいれば一番よかったですが。
    再来週は多摩川クラシコを見に行きます。今年初のホーム観戦です。それに勢いつくためにも、次は絶対に勝ちましょう!
    2013/04/14 3:48 PM by よいち
    はじめまして、湘南戦の動画をアップした者です。ご紹介ありがとうございます(^_^)
    あの試合はホント興奮しました。2点目のゴール後にみんなが北斗のところに駆け寄っていったのが印象的でした。

    これからもあんな「意地」というか「勝つんだ!」って雰囲気のある試合を見たいですね。
    2013/04/14 9:11 PM by mkatodeko
    >コタツねこさん

    なんだかC大阪戦の後半開始のまるでデジャブでした。
    フワフワした東京の守備をあざ笑うかのようなミドルシュート。
    ああいう感じの時に、ズルズルとラインを下げ
    相手にスペースを与えてしまうのが、今の東京の悪いところですね。
    マリノス戦で逆につめたところを決められてしまったのが、
    トラウマになっているような感じでもあります。

    サブ組が力まずに普段の力を出してくれれば、
    絶体に今の先発組を脅かすような活躍できると信じております。
    見たいですね〜〜〜。


    >よいちさん

    J2時代に鮮烈に記憶に残っているのは、
    この湘南戦と羽生の涙のお立ち台があった富山戦です。

    ホント、今羽生がいてくれたらと心底思いました。
    でも、羽生がいないと上手く行かないというのも寂しいところですが
    絶体にそう言う選手が出てくるはずです。
    ここしばらくのプレーを見ている限りでは、
    個人的には平山が突然大ブレークするような気がしているのですが!


    > mkatodeko さん

    動画、貼らして頂きありがとうございます。
    いつも読ませてもらっているブログの方で、ちょっと驚きましたがw

    でもあの試合、本当に選手たちの気迫を感じた試合でしたね。
    あの時には下田やノースという普段ベンチ入りも難しかったメンバーが先発し
    魂のプレーで湘南をPKの1点に抑えた試合でした。
    ホント、あんな意地を感じさせてくれるプレーを見てみたいです。

    選手たちは一生懸命やっているんだと思うのですが、
    何だか軽く見えるプレーがちょくちょくあると、
    「違うんじゃないかな〜〜」と思ってしまうこの頃です。
    2013/04/15 12:02 AM by まぐパパ

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://magpapa.melancholicia.com/trackback/1090377

    トラックバック

    ▲top