FC東京!好きで悪いか!!

FC東京!好きで悪いか!!《ウダウダと・・・そして熱く理不尽に!》

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 敵は内に有り - J1第26節 vs 川崎フロンターレ【J特】 | TOP | いつもの様に幕が開き・・・J1第28節 vs 鹿島アントラーズ【J特】 >>

2012.09.30 Sunday

新たなジュビロキラー誕生か - J1第27節 vs ジュビロ磐田【J特】

0
    赤嶺が仙台に移籍して以来、ジュビロにはあまり対戦成績がいい記憶は無いのだが、昨日の試合で1アシスト1得点とネマが大活躍。今の段階で言うのは早すぎるかもしれないが、新たなジュビロキラー誕生かとも思ってしまった劇的な逆転勝ちだった。ただ、パスをつなぎ倒しての得点というのは無く、どちらかというと前半のパスワークで相手を疲れさせてから、後半になって若干全体が間延びした時に、手数をかけない早い攻撃で得点を奪うようなパターンが多いような気もするが、それはそれで良し。まだまだ東京は発展途上のチームではあり、今はポゼッションを核として色々な引き出しを増やしている段階。そういう意味では、一時期パスに固執しすぎる感もあったところから一皮剥けて、攻撃の幅も広がってきている。ただ攻撃に意識が行き過ぎる部分があるのか、時折守備に隙ができてしまう事もあり、失点もそんな感じのところをジュビロに突かれたものであった。

    しかしジュビロはいいチームだった。前田&駒野は言わずもがな、全体のプレスやポジショニングもよく、前半は東京はサッカーをさせてもらえなかった。東京は前半に調子が出ない試合が多いが、この試合は東京がどうのこうのと言うよりも、ジュビロが良かった部分が大で、このままだとフルボッコでホーム連敗かと東京サポーターとしてはあるまじき予感が頭をよぎったことも確かだが、後半からネマが入ることにより前線の槍が増え、梶山がボランチに降りて攻撃の起点も2つになったことで東京は息を吹き返した。加えて9月とは思えない暑さも味方してくれたのか、走力を誇るジュビロもさすがに後半には足が止まってきて、東京が同点に追いついたあとはオープンな打ち合いになり、大変にスリリングな展開となった。梶山の交代は予想外だったが、今度は高橋がボランチに上がって存在感を見せつけてくれた。何だか去年よく見たような光景で、改めて「このパターンもエエなあ」と思っていたのだが、梶山は腿の裏を痛めたようでそれが心配。試合後にチームメートにその怪我の部分をからかわれているようなところがスカパー!に映し出されていたが、重い怪我で無いことを祈るのみである。

    エジミウソンの同点ゴールはこれぞエジミウソンという感じだった。以前別のチームにいたときは本当に嫌な選手だったが、味方となると心強い。シーズンも終盤となり残りあと7試合ではあるが、エジミウソンとネマは急激に東京に馴染みつつあるので、非常に楽しみなところ。しかしエジ、ネマ、ルーカスと揃って、そこに石川が絡んでくると、相当に凄い前線となる。羽生や草民も控えているし河野や大竹も帰ってくる。ボランチもアーリア、ヨネ、梶山、秀人の4人がどう組み合わされてもカラーが違って面白い。

    次節はアウェイ鹿島戦。シーズン前半の対決で煮え湯を飲まされた広島、横浜、磐田にはきっちり雪辱をした。鹿島にも借りはしっかりと返しちゃいましょうかね。

    テレビで「ヴチチェヴィッチ」が言えない人がいると、やっぱりニヤニヤしてしまうぞ!→→某局女性♪
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
    JUGEMテーマ:スポーツ

    コメント

    昨日もテレビ観戦でした。
    確かに磐田には赤嶺がいなくなってから良いことなしでしたが、ネマの活躍は秀逸でした。2得点目は思わずガッツポーズをしてしまいました(笑)
    しかし前半の動きはまるでダメでした。まるで埼玉スタジアムの時みたいに、後半は別人のチームになってました。前半も無難にこなせれば、もっと良くなるなと思いました。
    しかし最近格下の取りこぼしと、格上に肉薄するのが顕著ですね。どんなスポーツでも、不安定な星取りだと、頂点目指すのは困難です。気持ちの問題もあるでしょう。
    これからはエジネマが鍵を握りそうです。どんどん得点していければ、ACLも見えてきます。
    2012/09/30 7:22 PM by よいち
    現地組です。

    前半は磐田の高い位置からのプレスが効いていたのと、1トップのエジがポールキープが出来ないせいで、攻撃が単発になっていました。

    後半は、ルーカスとエジの2トップ気味に変更してポールキープできるようになり、ネマも得点やアシストだけではなく、上下に動いてポールを運ぶ役目もしてくれました。
    出来れば、後半のプレーを試合開始からしてくれれば、良いのですが・・・。

    それにしても、試合中にポランチ一枚を米本・梶山・高橋と変更しても、大きく破綻しないのは、なにげに凄い進歩です。
    2012/09/30 11:29 PM by コタツねこ
    >よいちさん

    ネマは急速に馴染んできてますね。
    ゴールに向かう姿勢もいい感じです。
    最初の頃はそれ型の選手とかみ合わないときもありましたが、
    まわりもネマのプレーを分かってきたのかもしれません。

    磐田戦の前半は、正直なところどっと疲れました。
    「前半からこれができれば」というのは何度も言われたことですが、
    川崎戦を見ると「後半だけでも良ければ・・」という気にもなってきます。

    まだまだACLは可能性がありますので、
    残り7試合全勝するつもりで戦って欲しいですね。


    >コタツねこさん

    磐田のプレスは統率が取れてましたね。
    ポジショニングも良いし、迫力もあって、
    東京の選手は随分とたじろいでいた感じでした。

    後半はネマを代えただけで、あとはポジションをシフトさせて
    全く別のチームになってしまいました。
    言われるように、ホントなにげに凄いことですよね。
    最終ラインの安定もあるのでしょうが、
    これまでの東京だったら、ここまで安心してみていられなかったと思います。
    ここら辺をベースに、ドンドン上積みして欲しいです。
    あと7試合しか無いですが、
    来季も見据えてチームを作って欲しいですね。
    2012/10/02 6:48 PM by まぐパパ

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://magpapa.melancholicia.com/trackback/1090362

    トラックバック

    ▲top