FC東京!好きで悪いか!!

FC東京!好きで悪いか!!《ウダウダと・・・そして熱く理不尽に!》

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 東京、武蔵野の勇者に屈する - 天皇杯2回戦 vs 横河武蔵野FC | TOP | 敵は内に有り - J1第26節 vs 川崎フロンターレ【J特】 >>

2012.09.16 Sunday

東京にも清水にも同じ思いが残る試合 - J1第25節 vs 清水エスパルス【J特】

0
    前半終了間際に丸山の甘いクリアから一度はボールを奪い返すも、米本が東京ゴール前でドリブルで運ぶところでまたボールをとられ、そのまま大前にドスンと決められ失点。ハーフタイムにポポヴィッチ監督から『まったくダメ。自分たちで苦しめている。もっと早い判断で』と言われたように、清水のハイプレッシャーに自分達でミスを連発し、ほとんど自分達のサッカーができなかった。一体清水はどうしたんだ?今季は東京も試合によっての波が随分とあるが、清水も10日前とは大分違う印象。というか、波があるから東京も清水も同じ様な順位で同じ様な得失点だったりする訳ね、と妙に一人で納得していた。

    前半の東京は左サイドの草民、丸山がほとんど機能せず。丸山はナビスコ杯よりも緊張していたのか、それとも清水のハイプレッシャーに余裕がなかったのか、随分とプレーが自信なさげであった。草民も悪い意味でフニャフニャで、時折鋭いパスは見せるものの密集地帯でコネコネしてはボールを失ったり、フニャフニャなスローインをファールスローをとられたりしていた。こりゃ後半早々に交代があるかなとも思っていたが、案の定5分程度でネマと交代。丸山も落ち着いてきて、後半は前半のようなつまらないボールロストは影を潜め、相当に監督の檄もハーフタイムに飛んだのであろう、パスで清水をいなす部分も多くなり、一転東京のゲームに。「攻めているときに得点とりたいっ」と念じていたら、ネマのショートコーナー時に、エアポケットのように清水ゴール前に広大なスペースができ、ネマの鋭いグラウンダーのシュートが清水ゴールに突き刺さった。ナイス君なネマのJファーストゴール。清水からしたら、東京に攻められているなりにも何とか守っていたので、悔やまれる失点だろう。ここで一気に逆転とたたみかけたかったが、いくつかの好機は得点にならず。試合終盤にも千真や羽生に得点機が巡ってきたが、GK正面だったり、宇宙開発だったり・・・無念。羽生隊長はちょっと慎重になり過ぎちゃったか?

    しかし、前半の石川のバーに当たったシュートは凄かった。あれが入っていれば、今月のスカパー!ベストゴールになってもおかしくないくらいのど迫力のシュート。シュートに行くまでの崩しの形もよかったし、石川のシュートも強烈だった。試合前のシュート練習でもよく感じるのだが、石川は本当にシュートが巧い。狙ったコースにしっかり飛ぶだけでなく、ボールスピード自体も他の選手よりも早い。何年か前にゴールを量産したときは、今回のようなシュートがポストやバーに嫌われることなくゴールマウスに入っていたのだが、昨季や今季はそれがギリギリで外れることが多い。裏を返せば、狙ったコースには飛んでいると言う事なので、もう何も変な事は考えず、このまま鋭いシュートを狙い続けて欲しい。本当に石川のシュートは、見ているだけでも美しい。

    ネマの初ゴールはめでたいのだが、ただ全体からするとネマはまだルーカスとポジションがかぶったりすることも多く、完全には馴染んでいない感じだ。前節の横浜Fマリノス戦後も、試合後にルーカスとネマが少々声高に口論する様子が映し出されていて、ちょっと気になったりもしていたのだが、今回も何度となく試合中に話し合いをしていたようにも見えた。今回のスカパー!の映像では、ピッチの隅で試合後のクールダウンをする東京の選手が延々と映し出されていたが、ネマとルーカスはやはりストレッチをしながらずっと話し合っていた。自分の見た限りでは、ルーカスとネマの同時起用はまだ完全にフィットするには時間がかかる感じではあるが、逆に言えばまだまだ大きな伸びしろがあると言うことなので、非常に期待をしている。

    しかし、ネマとルーカスは何語で話をしているんだ・・・・?
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
    JUGEMテーマ:スポーツ

    コメント

    現地でした。大前のシュートは東京の選手に当たった?ように見えたので不運な得点に思います。引き分けに持ち込めたのは及第点であったと思います。しかし酷かったのは丸山じゃなくて審判です。なにもしてないのに笛を吹くからイライラ。ナオもイライラしてるのがわかりました。
    ネマは良い動きがだんだんできてますから、これからも得点期待してます。まだ他の選手との話し合いも、必要みたいですね。
    余談ですが明日FC岐阜の試合見に行きます。なんと、長良川球技メドウでやります(笑)
    2012/09/16 6:33 PM by よいち
    現地組です。

    清水のハイプレスが効いた前半、東京はパスが繋がらず攻撃は単発で苦しい状況。
    特に草民はボールを持ちすぎ、しかもサイドから中央に行っては潰されるばかり。あれではSBの丸山もなかなか上がれません。

    後半草民に替わって入ったネマが左サイドの高い位置で起点になる回数が増え、東京の攻撃が活性化しました。

    終了間際は清水の守備陣の足が止まり、「勝てる。」と思いましたが決められず。
    ルーカス・ネマ・渡辺の関係が整理されず、渡辺が下がってボールをさばいているのでは得点の匂いがしません。まだまだ課題は山積です。
    2012/09/16 6:42 PM by コタツねこ
    >よいちさん

    現地参戦、お疲れさまです。

    大前のシュート、誰だか分からないのですが当たってコースが変わってますね。
    確かに当たらなければ権田の守備範囲に飛んだ可能性は大ですが、
    それも含めたのがサッカーのシュートですからね。

    主審の家本氏は、数年前に研修を命じられた方ですが、
    復帰してからは個人的には随分と良くなった印象は有ります。
    確かに判定に少しブレがあるようにみえる場合もありますが、
    スカパー!で見ていた限りでは、
    これまでの何試合かと比べると、悪くなかった印象もありました。

    東京の選手達にはドンドン話し合って、ドンドンすりあわせをしていって欲しいですね。
    今年は難しくても、必ず花開くときがあります。


    >コタツねこさん

    前半は本当に厳しかったですね。
    清水も『なんであんなに凄いんだろう』という感じの、ハイプレスでした。
    それもあって随分と早い時間から清水の足が止まりましたが、
    東京は決めきれなかったですね。

    確かに課題が山積みですが、課題が明確になっていると言う事はいいことと考えています。
    まだまだ相当な伸びしろがあると言うことですしね。

    しかし、終了間際の羽生隊長・・・あれ決まってたら悶絶してたと思います。

    2012/09/16 11:44 PM by まぐパパ

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://magpapa.melancholicia.com/trackback/1090360

    トラックバック

    ▲top