FC東京!好きで悪いか!!

FC東京!好きで悪いか!!《ウダウダと・・・そして熱く理不尽に!》

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 野戦病院状態なれど、今ここに反攻ののろしを上げよ - J1第24節 vs 横浜Fマリノス【J特】 | TOP | 東京、武蔵野の勇者に屈する - 天皇杯2回戦 vs 横河武蔵野FC >>

2012.09.08 Saturday

チャカポコに騙されるな - YNC Semifinal 1st Leg, vs 清水エスパルス【J特】

0
    あの清水のチャカポコチャカポコ応援は、そのリズムがなんとなく耳に心地よく、試合前などにボーッと聞いているといつの間にか乗ってしまっている自分がいたりするのだが、今回は無念にも参戦できずで幸か不幸かチャカポコに和んでしまうことはなかったのだが、チームがチャカポコにやられてしまったのか、なぜか試合開始からしばらくはドタバタドタバタと清水に押される展開になってしまった。今回はこれまでの手応えもあって3バックで試合に臨んだ東京だったが、アウェイ浦和戦前半の逆とも言えるような感じで、3バックにしたがために清水の選手との間にずれが生じてしまい、また選手達のコメントにもあったように「体が重い」影響も少なくなく、オウンゴールという嫌な形で清水に先取点を献上してしまった。リーグ戦では下位の新潟、大宮との対戦で取りこぼしをしたが、その後首位広島を含む上位チームに2連勝し流れは悪くなかったのだが、そのいい流れに試合序盤は巧く乗ることができなかった。ただ、チームが上手く行かないときにシステム変更をスムーズに行い、流れを引き戻すことを試合中に出来るようになったのは大きな収穫と言っていいかもしれない。

    同点弾は最近裏への飛び出しが増えて来た石川の、オフサイドギリギリの飛び出しから。これはいい形の得点であった。こういう形がもっと出てくると攻撃のバリエーションも増えてくるし、相手にとっても相当な脅威だと思う。このプレーに関して「オフサイドか否か」の議論がずいぶんとされているが、スカパー!、MXどちらの映像でもコマ送りで見る限りでは、ぎりぎりオンサイド。ただ、これくらいのタイミングだと、副審によってはオフサイドフラッグを上げてしまう場合もあるので、そう言う意味では助かった。なので、清水側の視点から見たらオフサイドと言う人もいるかもしれないくらいの絶妙なタイミングのプレーだが、「明らかなオフサイド」と声高に言う様なレベルのジャッジングではない。

    ところで、米本が本当にのびのびとプレーをしている。当初ダルシムと称されたビヨ〜〜ンと伸びてくる脚は相手選手にとっては嫌なものだろうし、今も散発的にみせてくれているロングシュートが決まるようになれば、完全復活というところだろう。他にも、平山がついに練習に合流したとのことだし、先日復帰を果たした羽生に加え、河野、チャン、太田も順調に回復しているようで、1試合も落とせなくなってくるこれからにとって、非常に期待が持てる。ポポ監督にとっては嬉しい悩みだろうが、これからの東京はそれこそ「だんだん良くなる法華の太鼓」。大きな音で勝利の凱歌を何度も何度も打ち鳴らして欲しい。

    明日はついに東京にとっての天皇杯開幕。奇しくも東京ダービーとなった楽しみな組合せだ。昨年震災後に行った味スタでの練習試合では大量得点で横河武蔵野に勝利をあげているが、ほとんどの得点が横河武蔵野が多くの選手を一気替えした後だっただけに、東京は心してかからないと寝首を狩られることになる。疲労を考慮して先発メンバーも替わるようだが、誰が出ても東京のサッカーの体現を目指し、相手の攻撃を受けずにしっかりと戦って欲しい。

    天皇杯はJリーグの試合とは異なり、選手紹介などは昔ながらに地味である。以前城福さんが「監督・ジョーヒロシ」と紹介されたこともあり、楽しい突っ込みどころもあったりする大会だが、明日の選手紹介でネマの名前をしっかり言えるかどうかが個人的な注目どころ。秘かに、ボロボロになるのを期待してたりするのだが♪

    「きゃりーぱみゅぱみゅ」と「ねまにゃう゛ちちぇう゛ぃっち」はどっちが勝ちだ?
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
    JUGEMテーマ:スポーツ


    コメント

    選手コール間違いは、よくアウェイでもありますね。
    広島に行った時、選手紹介でネマは上手く言えたわりには、エジミウソンを「エミジウソン」と間違えてました(笑)
    2012/09/09 12:39 AM by よいち

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://magpapa.melancholicia.com/trackback/1090358

    トラックバック

    ▲top