FC東京!好きで悪いか!!

FC東京!好きで悪いか!!《ウダウダと・・・そして熱く理不尽に!》

<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< ありがとう、ヤザー【J特】 | TOP | 18本のシュートでも「シュート打て」コール - J1第22節 vs 大宮アルディージャ【J特】 >>

2012.08.17 Friday

そうだ、小平に行こう

0
    と言う事で、昨日と今日休みを取ったので、いそいそと灼熱の小平に行ってきた。

    着いたのが9:40くらいで、既に練習は始まっており、3つに分かれてのワンタッチ限定のトリカゴをやっている最中だった。中は2人で、20本続けたら中の選手の負けで、腕立て伏せの罰ゲーム付き。一番自分が見ていた手前のグループは、ナオ、加賀、ルーカス、エジ、ネマ、ポポヴィッチ監督、そして通訳の飯野さん。もう一人いたのだが、よく顔が分からず。多分「キム」と呼ばれていたと思う。誰なのかはよく分からず。ただ、自分の耳には「千真」が「アズマ〜〜」と聞こえ、「おっ、練習生か」と思ったりもしていたので、完全に勘違いしている可能性もあるのだが・・・ルーカスとポポ監督が人一倍大きな声で、日本語でパスのつながった本数を数えていた。一番エキサイトしていたのは飯野さん。ルーカスとの間くらいに来たボールをどっちの責任か熱く口論し、最終的にはジャンケンで決めていた。ちなみにルーカスの負け。一度、まわりで見ていた塚田さんがゲリラ参加し、誰かを陥れていた。非常に練習の雰囲気は明るく、楽しそうだった。アーリアは、足の負傷が心配されたが、フルに練習メニューをこなしており、次に行われたハーフコートゲームでは、ずっとレギュラー組でプレーしていたので、明日は問題なさそう。

    そのハーフコートゲームでは、ロンドン返りの権田と、サブ組の塩田、両GKからのコーチングの声が凄かった。よく聞こえていたのが、「ネマ」「キム」。監督からも大きな声で指示が飛んでおり、最初にブラボーポイントをもらったのは森重。「モリゲ、ブラボ〜〜〜、ブラボ〜〜〜」と、監督は上機嫌だったが、そのすぐあとに森重と秀人に監督から雷が落ちていた。今日一番のカミナリ。見ていた限りでは、レギュラー組は得点を決められず、最初の得点はサブ組のネマ。で、ネマと千真が交代し、千真がサブ組になったとたん2本ゴールを決めていた。う〜〜〜む、レギュラー組、頑張ってくれ。

    ポポヴィッチ監督は、ポジショニング等に関しても指示を送っていたが、随分と日本語での指示も多かった。トリカゴのあとに何本かダッシュを行ったのだが、その時には加賀に「加賀、ボール回シデ疲レタ?」とか言ってたし、ハーフコートゲームの時には中盤の選手に対して「○○○、×××、マンナカ、マンナカ」と日本語の指示。ただその直後、通訳の塚田さんが、まったく同じ言葉で「○○○、×××、、真ん中、真ん中」と、律儀に日本語を日本語に通訳していたのが、ちょっとツボであったが。

    その後色々なセットプレーの確認をして90分の練習が終わったのだが、別メニューで調整していた選手は、遠くてはっきり分からなかったが、多分、平山、太田だったと思う。太田は、ファンサービスにも来たので、おそらく間違いない。もう一人いたが、よく確認できず。しかし、ポポヴィッチ監督のファンサービスは丁寧だった。何人かの選手が抜かしていったが、ポポヴィッチ監督は笑顔を絶やさずマイペースで、ファンサービスを続けてくれていた。ルーカスやナオはこれまでも分かっていたのだが、エジミウソンも中々にニコニコと人なつっこい感じ。谷澤に替わるキャラになるかも。ネマは練習中はほとんど無表情で声を聞くこともなかったが、笑うとスキンヘッドの下の目が意外にも可愛かった。

    明日の大宮戦の先発メンバーは、おそらくハーフコートゲームの1本目のレギュラー組メンバーが中心になると思うが、チームの雰囲気は随分といい。大宮は、新加入メンバーも増え、降格圏からの脱出を目指し強い気持ちで挑んでくると思うので、非常に嫌な相手ではあるが、まずは気持ちで負けずにしっかりと東京のサッカーを徹底すれば、絶対に勝てる。それを信じて戦って欲しいと思う。

    ところで、一番最後のセットプレーの練習で、モリゲが壁を越えて直接すんごいシュートを決めた。小さくて分かりにくいが、一番下の写真がその時のもの。モリゲ、明日もお願い!!




    モリゲのFKに悶絶!!

    にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
    JUGEMテーマ:スポーツ


    コメント

    こんばんは。
    お久しぶりです。

    もしかしたら小平ニアミスかもです。
    自分は仕事で先にお暇しましたが、小僧達はファンサまでいたようです。
    相変わらずポポさんとナオと塩が丁寧だったようですが、意外にも
    「ネマが優しかったよ〜」
    と言ってました。
    日本語が得意でないせいか会話はなかったものの、小僧達の頭をなでなでして、にっこり笑顔だったそうです。

    ファンサは侮れませんね。
    これでファン心理も左右してしまいますから。
    いつも笑顔を見せてくれたヤザーの移籍に、小僧達は本当にショックを受けています(自分もショックでしたが。)

    そのせいか上の子の、今一番恐れている事が「ナオが移籍すること」になりました。
    「東京がいらないって言うまで、ナオはいるから大丈夫だよ」と言ったんですが、「今日、引退するまで絶対に移籍しないでって頼めば良かった…」と、まだしょ気ています。
    2012/08/17 8:55 PM by AOAKA-SUN
    >AOAKA-SUNさん

    小平にいらしたんですか!
    今日は多分100人ちょっとという感じだったと思いますので、絶対に遭遇してますね。
    しかし、今日の小平は、日差しが強く暑かったです。
    私は帽子を深くかぶり、熱気にやられないようほぼ動かずにおりました。
    それでもしっかりと日焼けしております。

    ファンサは本当に影響力があると思います。
    チームによっては、週1、2回の曜日限定とか、
    選手の自主性にまかせていて、ほとんどやらない選手もいるとか、
    そんなチームもあるようですが、
    東京のやり方は私は非常にいいと思っております。

    選手の何気ない立ち振る舞いから、性格とかが垣間見えるときがありますし、
    子供たちにとっては、ここでファンになるかどうか決まる場合もあると思います。
    あこがれの選手が目の前に来て話ができるわけですから、相当な影響力ですよね。
    以前エントリーにも上げたのですが、私の娘が初めて小平に行ったとき、
    ファンサで選手が近づいてきたら、超弩級で緊張しておりました。

    ナオはここまで来たらちょっとやそっとじゃ東京を離れないと信じています。
    東京の顔と言って良い選手の一人だと思います。
    息子さんは、次回の小平でナオにお願いするんでしょうか。
    2012/08/17 10:43 PM by まぐパパ

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://magpapa.melancholicia.com/trackback/1090354

    トラックバック

    ▲top