FC東京!好きで悪いか!!

FC東京!好きで悪いか!!《ウダウダと・・・そして熱く理不尽に!》

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< ハーフタイムに目覚ましを掛けたのは誰だ? - J1第20節 vs 浦和レッズ【J特】 | TOP | ありがとう、ヤザー【J特】 >>

2012.08.13 Monday

大事な『引き分け力』 - J1第21節 vs 柏レイソル【J特】

0
    「前半のサッカーをずっと続けられていれば」と、まるで浦和戦と逆の思いが浮かぶような試合であった。後半になり、ネットバイアーノの投入で柏の前線選手の役割が明確になったのもあったが、自分達でつまらないミスをし、精神的な部分での脆さもあったのか、それからペースを乱してしまったのは非常にもったいなかった。ただ、後半の柏の怒濤の攻めを、相手のミスにも助けられたが1失点だけに留め、勝ち点1を拾ったのは非常に大きい。これまでの東京だったらば、前節の浦和戦やこの柏戦などは、完全に負け試合となっていてもおかしくないところを、どちらも引き分けにして少しでも勝ち点を積み上げられた。

    現在J1は非常に混戦となっている。勝ち点で見ても3位以下は混戦であるのだが、実は4位の浦和から13位の神戸まで、どのチームも勝ち数は8か9である。



    勝ち数「9」がなんと8チーム、「8」のチームも2チーム(横浜、鹿島)となっている。例えばシーズン序盤に調子の悪かった横浜は、勝てない試合が続いたがしっかり引き分けに持ち込んでおり、引き分け数が10もあるため、勝ち数が8にもかかわらず5位と上位につけている。浦和も鳥栖も、東京と同じく勝ち数は9なのだが、引き分け数の違いで順位がこれだけ違っているわけだ。特に4〜6位のチームは引き分け数が多く、本当に負けないことがいかに大事かよく分かる。勝つにこしたことはないが、すべての試合を勝てるわけでもない。だから『引き分け力』がチームの命運を分けることになる。そう考えると、勝ててはいないが浦和戦、柏戦での流れは決して悪くない。あとは、引き分けを挟みつつ、如何に勝ち星を積み上げていくかと言うことになる。

    どうしても負け試合のあとの引き分けは『しばらく勝ち星がない』と形容されがちであるが、そんなネガティブに考える必要はない。東京は「ここ4試合勝ちが無い」と言われているが、次節勝てれば「3試合負けがない」になるわけだ。昨季苦しい中で培った逞しさは、これからが発揮しどころである。これだけのチームが団子になっている状態は、メンタルでいかようにも順位が変わってくる。ここしばらく昨季の逞しさが少し影を潜めている今の東京だが、これからの13試合が真の正念場となる。昨季の辛さを思い出し、しっかりと1試合ずつ勝ち点を積み重ねていって欲しい。

    しかし、久しぶりの日立台はいい。ただ、何年か前に、とある事情によってホーム・アウェイが完全に分けられてしまい、ビールを買えるところがたった1箇所になってしまったのは、非常に非常に非常に非常に辛い。以前は、生ビールを客席に売りに来てたのも、今はなくなっちゃったし・・・それに出入り口が1ヶ所って・・何かあったら危ないでしょ。ゴール裏の客席数を増やすのも良いけど、そこら辺は是非とも改善して欲しいところ・・などと言いながらも、あれだけピッチが近いとやっぱり楽しいわ。今回は諸事情によって、アウェイ指定席での観戦だったが、なんと1番前の席。座席では『3列目』になっていたのだが、多分、柵による見にくさの問題だと思うが、前2列に観客を入れてなかったため、そこに荷物も置けたりで狭い座席も苦にならなかった。なんたって、いつものゴール裏での観戦が体に染みついており、たまに座ってみるとお尻が痛くなってきてしまうので、そう言う意味では今回は随分と助かった。ただ、座っていても、出来る限り声を出したので、いつもと同様に最初の5分くらいで一度声が出なくなってしまったが、そんなの声出しているうちにすぐに元に戻るので大丈夫。ビールをグビリとやれば、なおOK!やっぱりビールは命水だな・・・って、売店が混んでて、結局試合開始前に一度2杯買いしただけで終わったのが残念。

    ところで、主審の佐藤氏・・・なんだあの笛?どっちのチームよりというのではないのだが、なんだか特定な選手へのファールを最初から決めて笛を吹いているような感じにも見えた。塩田へのイエローなんかその典型。あそこは既に塩田がボールをキャッチしてるんだから、プレーオンで流してくれれば遅延行為になどなりえないのだが、『なんでここで流さない??』と思っていたら、すぐに笛が鳴りイエロー。まるで確信犯じゃん。まるで最初にイエローありき。あれじゃ、その前の塩田への注意だって、アリバイ作りに見えてしまう。これはもしかして、浦和戦の審判の呪いか???ただ、ポポヴィッチ監督は、試合中では審判にいくらでも抗議していいとは思うが、試合後マスコミの前であまり言うのは避けた方がいい。確かに行ってることは分かるのだが、あまり言い過ぎると逆効果。いくらまともなこと言っても、『また、言ってるよ』くらいになってしまう。そこら辺は、まだまだオシムさんのウィットと皮肉に富んだ、絶妙な言い回しにはかなわないところか。

    ・・・なんて思っていたら・・・ヤザー、行くな!東京以外じゃスベりまくっちゃうぞ・・・って、東京でもスベってたか・・・

    ヤザー、スベりギャグ連発でもいいから、東京にいてくれ!!
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
    JUGEMテーマ:スポーツ

    コメント

    今回の試合は行けただけでも奇跡だったから良かったです。もし日立台じゃなかたら、お盆休み帰省で一度茨城実家に荷物を置いて、チケット探しに奔走できなかったでしょう。運が良かった。ありがとう常磐線(笑)

    谷澤、いなくなるんすか?…淋しいなぁ…。いくら枠に飛ばなくても、去年J2で同じ釜の飯食った仲間がいなくなるんは淋しいです。
    2012/08/13 1:37 PM by よいち
    >よいちさん

    参戦できて本当によかったですね。

    勝利できればもっとよかったのですが、
    今回ばかりは、よく1失点に抑えて勝ち点をとったと、素直に喜びたいと思います。

    私は今回指定席だったもので、キックオフの1時間ちょっと前に柏の駅に着きましたが、
    駅前で一人の東京サポーターの方が『チケット1枚有ります』と、ボード出してましたね。
    あれは、売れたのでしょうか?
    浦和戦でもそう言う方が1人いましたが、
    中々当日に賭けるというのも難しいので、売れなかったかもしれないですね。

    2012/08/14 1:21 PM by まぐパパ

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://magpapa.melancholicia.com/trackback/1090352

    トラックバック

    ▲top