FC東京!好きで悪いか!!

FC東京!好きで悪いか!!《ウダウダと・・・そして熱く理不尽に!》

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< とっても残念な試合 - いまさらJ1第9節 vs 柏レイソル【J特】 | TOP | 無理に劇的な試合にする必要なんかないのに - J1第17節 vs ガンバ大阪 >>

2012.07.01 Sunday

やりたいサッカーとできるサッカーの狭間で - J1第16節・vs ジュビロ磐田【J特】

0
    『誰が出ても同じサッカーをする』それは、確かに東京が目指すところでもあるし、それなりにできているとも感じてはいるが、やはり今季の印象に残るゴールということでは、神戸戦での石川のゴールだったり、札幌戦での梶山の変態ゴールだったりと、今は怪我で出られない選手のゴールが割と思い浮かんでしまう。そしてそこにある共通項として「意外性」という言葉も浮かんでくる。柏戦、ジュビロ戦、さらには横浜戦では、色々なトライをしているにもかかわらず意外性を感じるプレーが少なく、極端に言ってしまえば、結局のところ最後は似たり寄ったりのプレーで終わるという印象になってしまう。それに、イージーな、というかイージーミスに見えてしまう、つまらないミスも目立つし、早いパスに対するトラップだったり、枠に飛ばないシュートだったりと、『どうしたの?』と思ってしまうような部分も少なからず見受けられる。

    おそらく、ここら辺の事は、すべて原因が同じにみえる。簡単に言ってしまえば、『チームが上手くまわっていない』と言う事になるのだろうが、試合中のほんのちょっとの焦りや戸惑いが根っこにあり、それがプレー精度や選択肢にすべて反映されてしまっていると言っていいかもしれない。当然練習では相当にやっているのだろうが、やはり自分のプレースタイルと異なるプレーをしっかり身につけようとすると、それなりに時間がかかるだろうし、試合で相手のプレッシャーが強い場面だと、仲間とのズレも余計に出てきてしまうだろう。しかしながら、今いる選手で勝ちを掴み取るには、選手によってコロコロと戦術を変えるよりも、現在進行形で形を作りつつある東京のサッカーの核をベースにした、やはり「誰が出ても同じサッカー」を実践することが大事であることは確かだ。それをベースとして、選手の個性を十分発揮できれば、相当に面白いサッカーができる蓮であるが、そこはまだ道半ばと言わざるを得ない。

    当然選手達は分かっているはずだし、監督も先発メンバーの選択を含め、随分と考えているはずだ。柏戦、磐田戦と同じ様な負け方をしてしまったが、次のG大阪戦でつまらない負けをしないことが大事だ。今は我慢のとき。長いシーズン、浮き沈みは必ずある。しかも、東京はまだ発展途上チーム。居直って思いっきりのいいサッカーを見せて欲しい。当たり前のことだが、「プレーの意外性」というのは「シュートを打ちまくる」と言う事ではない。ただ、ポジティブな気持ちで思いっきりのいいプレーをすれば、それが意外性に富むプレーにつながることは多い。今の東京は、頭を使うサッカーの弊害なのかもしれないが、考えすぎからプレーが本のワンテンポ遅れ、結果として相手のプレッシャーが高くなってしまって、プレー精度を欠いたりつまらないミスをしてしまったりしているようにも見える。だから、G大阪戦で大事なことは『思いっきりのよさ』。それでミスをしても構わない。同じミスでも、考えすぎや萎縮しすぎでのミスより、どれほどいいか分からない。

    俺たちはチャレンジャーだ。次節の相手は腐っても鯛のG大阪。思いっきり居直ってプレーをして欲しい。東京のサッカーを体現するのは大事だが、それに縛られては本末転倒だ。ポポヴィッチ監督に怒られたって良いじゃないか。ちょっとくらい「べらぼう」なプレーを見せてくれ!!

    にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
    JUGEMテーマ:スポーツ

    コメント

    まぐパパさんこんにちは。

    私も「思い切りのいいプレー」が見たいと思いました。
    実は毎試合観戦できてるわけではないので、ちゃんと観戦されてる方ほど言えないのですが、観戦歴の長めの目での立場で共感したこと、コメントさせてください。

    誰が出ても質の下がらないサッカーを続けることは、ある程度のシステムを浸透させることであり、パスをつないで崩す、シュートまで持ち込むというのは浸透してきたはず。
    勝てないときに全体がうまくまわらない印象は、運動量やイージーミスだけでなく、「出せるパス」を出さなかったり、「打てるシュート」を打たないなどの、「せっかく相手を揺さぶったのに…」をチャレンジしないからだと感じます。
    相手が対策を立てようと、それでも攻撃的スタイルを貫くなら、相手が少しでもほころんだら横パスやゆったり繋いでる場合じゃないじゃん!!なんて思っちゃいます。
    一年かけてこれが染み着いたら誰がレギュラーかを考えるぐらいでいいかなって思えるんですが。 気長過ぎますか?

    私の中ではゼロックスカップを国立で観戦したとき、「パスを追いきれないっ?!」と衝撃を受けたのを忘れられず、柏を張りつけの刑にしたサッカーをもう一度見たいと願ってます。

    「ちっちゃいミスを 気にするな♪ ワカチコ ワカチコー♪」

    PS. 5月の青赤バッグのときのコメント、買う気満々ではあったのですが、今回諸事情により見送ることになりました。 まだ狙ってはいるので、またいつかには…。
    2012/07/06 5:10 PM by こにゃすけ
    >こにゃすけさん

    そうなんですよね。

    最初の頃は意識付けもあり、『あえてパス』というところもあったはずなのですが、
    最近は、『パスのためのパス』というように見えてしまう場合も多い感じです。
    しかも、慎重になればなるほど余計に増長する方向に向かってしまっています。
    ちょっとくらいミスしてもいいですので、まずは思いきったサッカーを見せて欲しいです。

    「ちっちゃいミスを 気にするな♪ ワカチコ ワカチコー♪」
    いいですね〜〜、これ。
    今度ゆってぃに、選手の前でやってもらいたいです。

    青赤バッグ、見送りましたか。
    ゆっくりとお待ちしておりますね。
    2012/07/06 8:51 PM by まぐパパ

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://magpapa.melancholicia.com/trackback/1090347

    トラックバック

    ▲top