FC東京!好きで悪いか!!

FC東京!好きで悪いか!!《ウダウダと・・・そして熱く理不尽に!》

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 同じ遺伝子を持つチーム同士の熱き意地の張り合い - J1第13節 vs 浦和レッズ【J特】 | TOP | 東京の試合が無いとつまらんじゃないか!そんな時は・・ >>

2012.05.31 Thursday

脳内妄想では権田のヘッドは入っていた - ACL Round 16・vs 広州恒大【J特】

0
    それだけではなく、ナオのループもポストギリギリに入っていたし、千真のヘッドもキーパーの手の届かないところに決まり、さらには森重のFKもドスンと決まり、ルーカスのシュートもポストに当たった後にゴールマウスに吸い込まれていて、なんやかや4、5点は入っていた。そう、勝っていても最後は権田のゴールが決まるのだ。そんな楽しい妄想をさせてくれるところまで連れてきてくれた東京に感謝だが、東京の冒険はまだ始まったばかり。今季のACLはこれで終戦となってしまったが、来季のACL出場を目指して今季の戦いを続けて欲しい。

    しかし、広州恒大戦での東京は、どこかかみ合っていない印象を受けた。相手の圧力も凄かったと思うし、何万人ものサポーターに圧倒されるのも仕方ない。加えて高温多湿の気候と、足を取られるくらいに長い芝となれば、思うようなサッカーができないのも当然なのかもしれないが、それでもやはり鳥栖戦や浦和戦でのパフォーマンスを見た後では、正直なところ少し腰が引けているように見える部分もあったことは確かだ。ただ、これも経験。この結果を「良し」とはできないが、しっかりと糧として次につなげて欲しい。

    実は、広州恒大戦は、疲れもあるし環境も劣悪なのだが、もう少しやってくれるとの期待はあった。漠然としたものでは無く、それなりに根拠もあった。以前から東京は、非常にいい試合をした直後には、パフォーマンスがガタっと落ちることが多かった。城福東京時代にナビスコを取った後の浦和戦などはその典型で、浦和戦でのパフォーマンスは随分と落ちてしまっていたような記憶がある。他にもそんな印象を持った試合はいくつもあり、その度に「これも東京」と思ったりもしていたのだが、実はその印象はこの前の浦和戦で覆った。本当のことを言えば、自分は浦和戦のパフォーマンスはあまり期待していなかったのだ。なんと言っても鳥栖戦でのイケイケ勝利があったので、次の試合でのパフォーマンスは落ちてしまうかな、と実は勝手な思い込みをしていて、「このタイミングで浦和戦か・・」とも思ったりもしていたのだが、予想に反して選手達は素晴らしい試合を見せてくれた。自分の記憶では、カボレがいた頃のバカみたいに強かった一時期の東京でも、「試合全体のパフォーマンス」という視点からは、連続してよかったことは無かったはずだ。それが、鳥栖戦、浦和戦と内容の濃い試合が続いたことは、自分にとっては小さからぬ驚きであり、改めて今季の東京はひと味違うと思った次第。というわけで、広州恒大戦でもそのままの流れで行けるかと思っていたのだが、まだ現実は厳しかったと言うところなのかもしれない。

    十分なパフォーマンスを披露できずに負けてしまったかもしれないが、選手達は下を向く必要はない。本当ならば、中東のチームと是非とも試合がしたかったところではあるが、それでもACLでの7試合は、非常に貴重な経験となったと同時に、自信にもつながったはずだ。そして、改めて自らの課題にも直面させてくれた7試合でもあった。これを糧として欲しいと先に書いたが、「糧」とするも「屑」とするも本人次第。これからのリーグでの戦いがそれを決めてくれる。そして、少しずつでも歩を進め、最後には広州恒大のようなチームを軽くボコるくらいのチームになって欲しい。これが、脳内妄想で終わらないことを切に祈る。

    脳内妄想では、みんながポチッとしまくっているのだが・・・
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
    JUGEMテーマ:スポーツ


    コメント

    昨年の今頃はJ2でも無得点に終わったり、逆転負けしたりと苦しんでいたことを思うと、それだけで感無量になりそうですが、欲張りな自分はアジアでも勝ち進みたかったと悔しさが納まり切れません。
    くそ〜、来年も絶対出てやる!
    (ポポトーキョーだと出られるんじゃないかと期待できますしね!)

    昨夜初めて同僚がマリサポ、清水サポと判明。そのまま職場近くの居酒屋でテレビ観戦になりまして、いろいろな視点から意見拝聴できました。
    ACLに出場するだけで羨望の対象なんですね。今まで関係なかったので考えもしなかったです。

    2012/05/31 5:53 PM by AOAKA-SUN
    >AOAKA-SUNさん

    そうでしたね〜〜。
    昨年の今頃は、中断期間があって試合数が少なかったとは言え、
    相当に厳しい時期でした。
    今の状況なんかは、妄想すらできませんでした。

    絶対に来季もACL出場して欲しいですね。
    それこそ西野ガンバがそうだった様に、ACL出場がデフォルトになって欲しいです。
    応援するチームがACLで戦っているという状況は、
    正直私もナビスコに毛が生えた程度にしか思っておりませんでしたが、全然違いますね。
    ホント、これはクセになります。
    2012/06/01 11:13 AM by まぐパパ
    テレビ録画を今見終えました。実は昨日、スポーツ新聞を眺めたら「日本勢全滅」の記事を見てしまい、そこで結果を先に知ってしまい残念でした。しかし録画をみて、本当に本当にあの試合はまず、権田が可哀想でなりません。本当にもし目の前に権田がいたら、居酒屋で僕の奢りでいくらでも悔しさを聞いてやりたい位です。
    失点の悔しさも去ることながら、やはり終了間際の権田ヘッドをはずしたのが、本人かなりショックだったみたいです。
    失点は反省すべきかもですが、権田のことだから、ヘッドをはずしたのをかなり悔いて眠れないのではと察します。しかし、権田に罪はないです。フィールドプレイヤーではないから、外しても仕方ないです。もしもあそこで入ってたらそれはもちろんうれしいけど、うまくあそこにいてくれただけでも凄かったです。(タラレバですが、権田の位置に平山やモリゲがいたら…)
    選手みんな、この悔しさを国内にぶつけて、国内三冠を狙う位の根性をぶつけてほしいですね。下を向いてる暇はないです。リーグ優勝して、トヨタカップに出て、平日に豊田スタジアムにきてネイマールあたりと戦うのを、在名古屋の僕がゴール裏で見ているという妄想を実現するために、東京がんばってほしいです(笑)
    2012/06/01 10:50 PM by よいち
    まだ脳ミソがゆだってますw
    日曜に小平に激励!?に行ったんすけどね〜

    自分の妄想では
     リーグ制覇→CWCで広州撃破になってますが…

    今度はムリキにもコンカにも点を取られたくない!
    2012/06/02 11:55 AM by 子連れ狸
    >よいちさん

    権田の落胆ぶりは凄かったですね。
    一瞬ルーカスと揉めてるのかとも思ってしまいました。
    この気持ちでリーグ戦に挑み、ガシガシ勝って欲しいと思います。
    楽な道のりではありませんが、来年のACLを目指して欲しいですし、
    リーグ有償枠のCWCも狙って欲しいです。
    まだまだ課題満載の東京ではありますが、
    そのポテンシャルは持っていると信じております。


    >子連れ狸さん

    私の妄想では既にCWCで優勝しておりますw

    でも、今回のACLでの戦いは
    選手達にとっては相当な刺激になったと思っていますし
    これを糧に東京はステップアップしてくれると信じています。

    で、もしかして小平には青赤バッグで行かれました?
    2012/06/02 3:33 PM by まぐパパ

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://magpapa.melancholicia.com/trackback/1090342

    トラックバック

    ▲top