FC東京!好きで悪いか!!

FC東京!好きで悪いか!!《ウダウダと・・・そして熱く理不尽に!》

<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 献身的なカズマックス【J特】 | TOP | 脳内妄想では権田のヘッドは入っていた - ACL Round 16・vs 広州恒大【J特】 >>

2012.05.27 Sunday

同じ遺伝子を持つチーム同士の熱き意地の張り合い - J1第13節 vs 浦和レッズ【J特】

0
    何年もリーグ戦では浦和に勝ててないとか、ペトロビッチサッカーとは相性が悪いとか、戦前には色々なフラグが立っていた試合であったが、個人的には昨年の天皇杯での勝利で浦和に関しては一度リセットがかかり、完全にフラットな状態になっていた。色々な因縁よりも、同じ勝ち点同士のチームに負けるわけにはいかないので、是が非でも勝ちたかった試合。それは浦和にとっても同じ事だっただろう。加えて、ペトロビッチ監督が、浦和でどのようなサッカーを繰り広げて来るのか相当に楽しみであったが、案に違わず昨日の東京と浦和のサッカーは映し鏡のようでもあり、似て非なる部分もあり、どちらも同じ遺伝子を共有しつつも異なる進化の道を歩むチームと言う印象を受けた。どちらのチームも自らのサッカーに誇りを持ち、監督はそれを選手に徹底させ、選手達はそのサッカーをピッチ上で実践し、サポーターは全力で選手達を応援した試合。監督同士、選手同士、サポータ同士の意地と意地が真っ向からぶつかり合った、極めて熱い試合であった。勝てなかったのは凄く悔しい。勝てた試合でもあるし、勝たねばいけない試合でもあったが、おそらく浦和側もまったく同じ感想を抱いているはずだろうと思う。それほどの白熱戦であった。

    東京はいつもどおりのポゼッションから試合をコントロールしようとしていた。確かにミスからボールを奪われることもあったが、連敗時の様なイージーなミスから自滅するということは無く、チャレンジをした結果としてのボールロストだったり、浦和に上手く奪われたりと言う事で、そういう意味では相当に集中した密度の濃いサッカーをしていたと感じた。攻撃に関しても、中央突破、裏への飛び出し、カウンターと単調にならず、アイディアを出し続けながら多彩な攻めを試みていた。対して浦和のサッカーは3-4-3をベースに、攻めは5トップ、守りは5バックと、両サイドが凄い運動量で上下動することによって、ポゼッションと堅守を両立させており、5トップで数的優位作って東京の背後を狙うロングボールの攻撃も比較的多かったが、単に縦ポンと言うことでは無く、東京の陣形の弱点を積極的に狙った攻撃という感じであった。ここら辺は、老獪なミシャ、直上的な策士ポポという監督の個性がなんとなく反映されているようで面白かった。どちらのチームも集中を切らさず、自らのストロングポイントを前面に打ち出し、お互いに完全に真っ向勝負を挑んだ好試合となった。おそらく、単に色々な意地だけではこれだけの熱い試合にはならなかっただろう。東京がいいサッカーを繰り広げたという自負はあるが、悔しいが浦和も相当にいいサッカーをしていた。

    ところで、今回の白熱した試合が、漠然とではあるが東京と浦和にとっての新しい一歩になるような印象を受けた。多摩川クラシコのような作られたイベントでも、とりあえず乗っているうちに時間が因縁へと変えてくれるのだろうが、やはり何だかちょっとしっくりと来ない部分もある。緑な方々がJ1上がって来てくれればいいのだが、東京ダービーはサッカーと言うよりは、完全な意地だけの話。内容よりも勝ちだけが至上命題の対戦。昨日の浦和戦は、自分が持っていた単なる「アンチ浦和」的な気持ちなんかを軽く吹き飛ばす位な勢いの試合で、首都圏の覇権とかのいわゆるダービー的なものではなく、大上段に振りかぶって言ってしまえば「日本のサッカーの未来」を掛けた新たな因縁の幕開けを予感させるようなものであった。本当にそうなってくれれば面白いが、どちらのチームもまだ発展途上。同じ遺伝子を持ちながらも異なる地点を目指しているチーム同士、どちらが真のニュータイプとなり得るか。共存か、支配か、はたまた共倒れか、そんな夢を見させてくれるような試合であった・・・

    ・・・って、勝ちたかったぞ!!後半43分に浦和に先制された時には、一瞬「またか・・・」という気持ちがよぎったことは確かだが、東京ゴール裏はまったく諦めていなかった。自分も大分声が出なくなってきてはいたが、ここで応援しなかったら味スタに来た意味が無い。その気持ちが通じたか、直後の46分に、ナオのCKから森重のヘッドでの同点弾。ここら辺は帰ってから録画で確認したのだが、ナオのボールが大きく曲がってゴールから遠ざかり、というかそれを狙って蹴った感じだったが、後ろから狙っていた森重は一度前に行った後バックステップでヘッディングをしていた。マークに付いていた槙野も完全に森重に付ききれず、ヘッドの瞬間にはひと回り頭の大きい森重が競り勝ち、浦和GKも一歩も動けない見事な得点となった。今年の東京は粘り強いんでぃ!!このくらいじゃあ負けませんよ。このままイケイケで2試合続けて逆転と行きたかったところだが、チャンス、ピンチ、どちらも満載のロスタイム5分間もあっという間に過ぎて、逆転とはならず残念ながらタイムアップ。試合後は完全燃焼状態で、一緒に参戦していた娘と早々にスタジアムを後にしたが・・・勝ちたかった。埼スタでは、完全勝利と行きましょうかね。

    今回も勢いでポチッと・・・
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
    JUGEMテーマ:スポーツ

    コメント

    2戦もこういう試合が続くと、心臓がもちませんね。
    やはり相手あっての好ゲームなのかなと思います。
    鳥栖も浦和も、いいチームです。浦和には個人的に嫌いな選手がいたりしますけど。モリゲがやっつけてくれたもんねー。ふふふ。
    意図的な危ないファールもしないし、切れ目がないゲームなんで、ほんとに息つく暇なかったです。
    サポも含めて浦和って変わりましたね。いい意味で。
    帰宅して大酒のみましたが、お腹は復活しました!
    あー、よかった。
    2012/05/27 4:57 PM by あおおに
    幸福な現地組です。(笑)

    フォーメーションは違いますが、自ら主導権を握って攻撃をするという両軍の意図が合致し、本当に噛み合った好ゲームになりました。

    得点は互いに最小でしたが、久々にあっという間に試合が終わってしまった感じです。

    でも、勝ちたかった。
    2012/05/27 7:12 PM by コタツねこ
    昨日は引き分け試合とは思えない充実感に浸りながら帰宅しました。

    ですが気になることがありました。
    ポポ監督の記者会見コメントです。
    誰だかわかりませんが「森重が代表に選ばれないのは性格に問題あるのか?」と、失礼極まりない質問をしている奴がいます。
    これは青赤サポとして許しがたい質問です。
    かつて確かに彼はカードコレクターの異名を取り、他チームからも得点源として「森重使ってPKゲット」と揶揄されたこともあります。
    ですが、J2に降格したのは自分の責任と猛省し、昨年はサポの信頼を勝ち取りチームMVPに輝いています。
    今季はカードを一枚も貰っていません。
    質問した奴は、その努力を知らないのでしょうか?

    って、勝手に昔のモリゲのことを指しているのかと思ったんですが、他のことなのかな?
    でもピッチ外の性格なんて問題にならないですよね?
    2012/05/27 9:13 PM by AOAKA-SUN
    >あおおにさん

    ホントああ言うのを、「息つく暇も無い」試合と言うんでしょうね。
    浦和のサポーター数が大きく減っていたのには驚きました。
    ゴール裏が埋まってないんですもんね。
    以前は「埼京ダービー」「最狂ダービー」「最凶ダービー」と言われた対戦ですが、
    こういう試合ならば胸張って「最強ダービー」と言う事ができます!


    >コタツねこさん

    90分があっという間というゲームは久しぶりでした。
    負けたのは本気で悔しいですが、試合後には充実感がありました。
    相当に疲れたことは確かですが(笑)。
    埼スタではこれを上回る試合を見せて、しっかり勝って欲しいと思っています。


    >AOAKA-SUNさん

    あの質問は、明確に悪意があるように見えますね。

    確かに森重は、2010シーズンまでは
    その能力に反比例するような、あまりよくない評判を得てましたし、
    その根拠も残念ながらしっかりしたものだったのですが、
    J2を戦った2011シーズンからのプレーは見違えるようになっています。
    そこが分かってなかったらサッカー記者として失格ですし、
    分かっていての質問なら人間として失格です。

    森重は確かにかっとしやすいのかもしれませんですが、
    「性格に問題がある」なんて人間だったら、キャプテンに選ばれませんよね。
    2012/05/28 9:43 AM by まぐパパ
    すいません。赤サポながらお邪魔させてもらいました。お書きになっている感想、特に「東京と浦和にとっての新しい一歩」という部分にあまりに共感できたものですから。8月は埼スタに6万人集めたいですね。
    2012/05/28 4:48 PM by yoskino
    >yoskinoさん

    こんにちは、おいで頂き嬉しいです。

    この試合、本当に両チームにとっての新しい一歩だと感じました。
    歩みはゆっくりでもいいですから、是非ともそうなって欲しいですね。

    埼スタでは、東京サポーターは人数的に不利かもしれませんが、
    ガシガシやりましょうね。楽しみです。
    選手達も、この試合よりももっと凄い試合を見せてくれると信じてます。
    2012/05/28 9:27 PM by まぐパパ

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://magpapa.melancholicia.com/trackback/1090341

    トラックバック

    ▲top