FC東京!好きで悪いか!!

FC東京!好きで悪いか!!《ウダウダと・・・そして熱く理不尽に!》

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< イケイケ東京は強いんでぃっ - J1第12節 vs サガン鳥栖【J特】 | TOP | 同じ遺伝子を持つチーム同士の熱き意地の張り合い - J1第13節 vs 浦和レッズ【J特】 >>

2012.05.21 Monday

献身的なカズマックス【J特】

0
    鳥栖戦での逆転の際、頭の中が沸騰しまくり、ゴル裏で一人雪崩状態の完全昇天人間と化していたことは前回のエントリーに書いたのだが、家に帰ってじっくり録画を見てみたら、改めてかずマックスの献身的な働きが目に付いた。3点目の逆転弾なんか、自らボールを自陣まで奪いに行き、奪った後は全力疾走で鳥栖陣内に猛ダッシュ。で、ボールを受ける際に、鳥栖DFのファールを誘い、というか、全力でボールに向かっていったカズマックスを止めるには、鳥栖DFにすればあれしかなかったのかもしれないが、それで得たFKから逆転弾が生まれたことを考えると、3点目は最初から最後までカズマックスの一人舞台と言ってもいいくらいだ。

    最初の写真は、ハーフウェイ付近にいたカズマックスが、猛然と鳥栖の選手にプレスを仕掛けるところ。



















    カズマックス、マックスに最高!!しかも、鳥栖陣内に全力で入っていく時には、その前にずっとチェイスを仕掛けていたのもあり、相当にきつそうだったが、歯を食いしばり走り続けていた。3点目は、鼻に当たって入ったとか、若干運にも恵まれた部分もあったが、その前の献身的な働きがその運を呼び込んだとも言える。エライっ!!カズマックス。


    で、おまけの1枚は、逆転の口火を切った1点目の時の見事な飛び出し。オフサイドギリギリだが、しっかりとオンサイド。素晴らしいっ!



    どこかで読んだのだが、ポポヴィッチ監督は時として、引いた相手の攻略にハンドボールのフォーメーション等を参考にすることがあるとのこと。ハンドボールの波状攻撃のように、ボールを保持して執拗に前後に揺さぶりをかけることにより、相手DFに凸凹を作って乱すことが目的の一つだとか。鳥栖DFの疲れもあり、この時には確かに鳥栖DFは綺麗な1ラインではなくなっていた。

    しかし、いつのまにかに公式戦7得点のカズマックス!!!これぞFW

    お願い、イケイケの勢いで、ポチッと押して!!
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
    JUGEMテーマ:スポーツ

    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://magpapa.melancholicia.com/trackback/1090340

    トラックバック

    ▲top