FC東京!好きで悪いか!!

FC東京!好きで悪いか!!《ウダウダと・・・そして熱く理不尽に!》

<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< アウェイ中国キラいじゃないアルよ - ACL第6節 vs 蔚山現代【J特】 | TOP | 献身的なカズマックス【J特】 >>

2012.05.20 Sunday

イケイケ東京は強いんでぃっ - J1第12節 vs サガン鳥栖【J特】

0
    以前ガンバ大阪との試合で、やはり0−2のスコアから15分くらいで3点を奪って逆転勝利をした試合があったが、まさしくその再現というような試合展開で、堅守の鳥栖をホームで撃破した。試合序盤は別として、東京は自分達のサッカーをピッチ上で表現していたが、鳥栖もそれ以上に自らの堅守速攻のサッカーを貫き通し、前半終了間際に1点、後半始まってしばらくしてから追加点と、完全に理想的な形で試合をコントロールしていた。鳥栖からしたら、2点目を取った時点で守りきれる自信が有ったのだろう。それくらい理想的な試合展開で、東京からしたらば完全に術中に填まった感じであった。ただ、鳥栖の堅守速攻は、中盤でのハイプレスが有ってのことだとも思っていたのだが、2点を挙げてからは東京の圧力もあって、完全に自陣に引きこもるサッカーとなったため、中盤でのプレスは完全になくなってしまった。それでもある程度東京が入り込んできたらプレスを掛けるのかとも思っていたら、そちらもそんなことは全くなく、東京が鳥栖陣内の半分くらい入りこんでも、プレスには来ずにゴール前を固める守備に徹していた。個人的には、このようなあまりに引きこもりすぎる守備だと、東京からすれば上手く1点を返すことができれば、連続して得点できる可能性は高いと思っていたが、ただし試合終了までに間に合うかどうかが問題だとも思っていた。しかし、後半20分過ぎ辺りから、メンバーチェンジ、ポジションチェンジにより、よりギヤを1段上げた東京の攻勢が続き、千真の裏への飛び出しからのゴールが後半30分に決まってからは、スタジアムも完全にイケイケ状態となり、立て続けに千真が2点目、3点目を決め、自身のハットトリックで鳥栖を逆転することに成功した。

    ところで、今日の逆転劇の起点となったメンバーチェンジだが、権田以外の代表に選ばれた選手は、結果として皆ポジションチェンジしたことになった。高橋はボランチからCB、徳永はCBからSB、アーリアはSHからボランチと、後半のメンバーチェンジに時にポジションが変わった。それ以外にも、ルーカスがワントップからSHに下がっており、ここまでダイナミックにポジションチェンジをして、それが高いレベルで機能するというのは、実は有りそうで中々無いことだと思う・・・

    ・・・とまあ、こんな冷静な書き方してますがね、2点目辺りから頭が沸騰し始め、3点目が入った時は狂喜乱舞で歓喜絶叫、阿鼻叫喚の地獄ならぬ天国状態。もう完全昇天。何列か前にこちらのひらすけさんがいたので、そこまでゴロゴロ雪崩で落ちて行き、抱きつきハイタッチをして、その勢いのままにゴロゴロゴロゴロと席に戻って隣の方と再度ハイタッチ。ツバやら鼻水やらも飛ばしまくりの大迷惑状態。しかも声は完全に枯れたし、明日の仕事に完全に差し支えるが、そんなの関係なし!!!今日の試合は、これだけで1年飯食える。新青赤バッグ with 青赤ジャラジャラのデビュー戦も見事勝利で飾れたし。個人的にはなんと鹿島戦以来の生観戦ということで、朝からベロベロヘロヘロドロドロになっており、そういう意味では完全に堪能しまくりの1日であった。こちらのあおおにさん、あかおにさんとも久々に色々と話をできたし、その時にひらすけさんの話題が出たとたんに、ひらすけさんバモ子さんが登場するという、試合の奇跡を予感させるようなプチ奇跡にも遭遇。ホント充実の一日でありましたとさ。

    ちなみに、ドロンパのカズマックスポーズは、なにげにかわいいのだ

    にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
    JUGEMテーマ:スポーツ


    コメント

    現地組です。

    前半は相変わらずシュートを打たず、やきもきする試合展開。更にいつも通りに東京のミスが起点のカウンターから、水沼・豊田に決められ残り30分で2点差。

    正直、堅守の鳥栖から2点は厳しいと思いましたが、ここから鳥栖が引きこもりをはじめたことと、東京が得点差に開き直ったことから試合は東京ペースに。

    久々のイケイケ東京でした。(笑)


    盛り上がったし、勝ったのは良いけれど、反省点多数のゲームでもありました。
    2012/05/21 12:33 PM by コタツねこ
    何を隠そう、上の子がナオファンになったきっかけが、あの2006年のガンバ戦でして。
    昨日の二失点目の時、上の子が「でも絶対勝つ!前もガンバに逆転したもん!」と突然言い出しました。
    自分は「ガンバと違って鳥栖は守りが堅いから、良いとこ引き分けだな」なんて言い返してしまいました。
    ま、その後は青赤同士の多分にもれず発狂してしまい、よく覚えてないんですが、上の子に「諦めちゃダメだったでしょ?」と説教されたような…。

    しかし一晩明けてみると、やはり失点が気になり、浮かれた気分も一気に萎んだ感があります。
    2012/05/21 9:10 PM by AOAKA-SUN
    >コタツねこさん

    確かに後半真ん中辺までは、相当に焦れる展開でしたね。
    私の周りでも、とげとげしい野次が飛んでおりました。
    しかし東京は愚直なまでに鳥栖DFラインにアタックを試み、
    運もあり、堅牢な鳥栖DFに穴を開けることに成功しました。

    ホント、完全に頭は沸騰しておりましたが、
    やはり失点は心臓に悪いです。
    しかも何度も見たミスからの失点ですので、
    ここら辺はしっかりと修正を掛けてきて欲しいところです。


    >AOAKA-SUNさん

    おー、あのG大阪戦は息子さんの原体験となった試合だったんですね。
    あのナオのゴール、未だに忘れられません。
    というか、YouTubeに有ったので、ダウンロードしてiPodに入れてます!
    しかし、息子さんは立派な青赤サポーターですね。素晴らしいです。

    ああいう逆転劇だったから、余計に頭も沸騰して興奮しましたが、
    できれば、やはり失点ゼロで試合を終わらせるのが理窓ですね。

    ッちゅう事で、普通はしっかりと失点ゼロで勝ち、
    たまに昨日のような逆転劇を演じて、
    サポーターの頭を沸騰させるという感じで行って欲しいです。
    2012/05/21 9:42 PM by まぐパパ
    初めまして。
    小生も昨日が今年、初めての味スタだったのですが、あんな興奮できて幸せでした!
    あの同点になった時点で、もうすでに声が枯れてきましたが、3点目はもう周りにいる人全部とハイタッチやら抱きついたりで、わけわからなくなってました!
    結果、本気でサポになろうと決心させてくれました。
    給料日前だったので、ハーフタイムにマフラーを買っただけだったのですが、もうこうなったらユニフォームも欲しくて、オンラインショップを見ながら盛り上がってます。
    これからはもっと生観戦に行って、諸先輩方にいろいろ教わります!
    その際は宜しくお願いします。
    あ〜楽しかったです!
    2012/05/22 5:58 PM by ひろぽん
    >ひろぽんさん

    おおおーーーっ、どもっ、はじめまして!

    ホント、凄い試合でしたね。
    冗談じゃなく、最後の15分は何だか訳が分からなくなってました。

    本気サポ、大変に嬉しいです。
    ビシバシ応援していきましょうね。

    実は私は最初の何年かは何もグッズは持っておりませんでした(汗)
    最初の頃はバックスタンドではユルネバの時に
    マフラーを掲げる人は余りいなかったのもありますが・・

    で、しばらくしてからタオルマフラー、Tシャツと徐々に買い始め、
    今ではレプリカユニだけでも7着にもなってしまいました。

    ファン、サポーターに先輩、後輩もありません。
    すべて、仲間!一緒にガンガン盛り上がりましょう。
    こちらこそ、よろしくお願いしますです。
    2012/05/23 10:10 AM by まぐパパ

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://magpapa.melancholicia.com/trackback/1090339

    トラックバック

    ▲top