FC東京!好きで悪いか!!

FC東京!好きで悪いか!!《ウダウダと・・・そして熱く理不尽に!》

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 青赤バッグ! | TOP | アウェイ中国キラいじゃないアルよ - ACL第6節 vs 蔚山現代【J特】 >>

2012.05.14 Monday

スーパープレーとイージーミスの狭間で - J1第11節 vs コンサドーレ札幌【J特】

0
    変態度1000%のスーパーゴールが開始1分で決まり、その虎の子の1点を守りきって札幌に勝利した。正直なところ、あまりに早いタイミングでの先取点に、逆に難しい展開になるかなと思っていたらば、札幌の勢いに押されたか、それともリードをして慎重になったのかは分からないが、やはり前半途中から試合の終わりまで、札幌に攻勢を掛けられるシーンが随分と多くなった。開幕の大宮戦と同じく、権田のファインセーブに相当に助けられた試合となってしまった。引いた相手に手こずるというのはある程度仕方がないだろうが、札幌はそんなに引きこもりサッカーしていたわけでもないし、東京が先取点を取ったのだから、札幌は余計に前がかりにならざるを得ず、東京のサッカースタイルからすればこれで戦いやすくなると思っていたのだが、そうは問屋が卸してはくれなかった。今の東京は、引いた相手には弱いが、前線から積極的にハイプレスを掛けてくるチームにもそれほど強くない。理屈で言えばプレスを買わすことによって数的優位を作りやすくなるはずなのだが、現実はハイプレスを上手くかわせずにボールを下げざるを得なかったり、最悪な場合にはボールロストで終わってしまうことになる。

    札幌の攻撃には迫力があったが、その開始は東京のボールロストで始まることが多かった。シュートまで行けずにボールを失うのを、「最後の精度の問題」と言えばそうなのだし、攻撃のチャレンジを止めてしまったらばポポヴィッチ東京のサッカー自体が成り立たなくなってしまうのだが、やはりパスミスを相手にかっさらわれて東京ゴールめがけて突進されるのを見ていると、今季何度も目にした光景とは言え、ここが改善されない限り上位進出というのは絵に描いた餅になってしまうと思わざるを得ない。だからと言って、ボールロストを怖がってチャレンジしなくなってしまったら、それこそ前半の後ろ半分のように、シュートを打つことさえできなくなってしまい、自分で自分の首を絞めることになってしまう。だからこそ「精度の問題」ということになるのだろうが、札幌戦でいくつか見られたりしたミスや、3連敗の時のミスの様に、「最後」の段階でチャレンジしてのミスではなく、それ以前のイージーなパス交換の途中でボールを奪われてしまったりすると、監督や首脳陣の言う「最後の精度」には、現状ではまだ至ってないという感触も受けてしまう。そういう意味ではまだまだチームの出来としては不安定であり、それにもかかわらずそこそこの成績を保っているのは凄いと思うが、一長一短には行かない難しい部分とは言え、是非とも着実に改善していって欲しい点である。

    しかし、梶山のゴールは・・石川からのボールが梶山の足下でヌメッとコースを変えたかと思ったら、見事にGKの頭上を抜いてゴールマウスに吸い込まれていった。札幌からしたらば出会い頭の交通事故のような失点ではあろうが、あそこであんなシュートを選択する梶山も凄すぎ。おそらく10回やっても何回かしか成功しないゴールだとは思うが、それが試合で決まってしまうのが恐ろしい。ただ、あれが外れていれば「もっと確実なプレーを選択しろよッ!!」と怒っているのかもしれないが・・・でも、ああいう意表を突くプレーは大歓迎。東京の攻撃が機能していない時は、大体が想定内の単調な攻撃に終始することが多いこともあり、ゴール前ではドンドンと意外性のあるトライをしていって欲しいと思う。

    ところで、途中出場の千真が途中交代させられた。千真はゴール前での2度の決定機に、どちらも遠目からのシュートをGK正面に打ち込んでいた。スカパー!の解説では、「自信があるからあそこから打ったんでしょう」という形で表現していたが、同じく「でも、あそこで打ってくれて札幌としては助かりましたね」とも言っていた。自分も見ていて同様な印象を受けており、もうちょっとクレバーさが欲しいなとも思っていた矢先の重松との交代となってしまった。千真がどのような言葉をあの後監督から投げかけられたのかは分からないし、交代の原因がシュートだけにあるかどうかも分からないが、おそらく千真自身、今季のゴールの少なさからの焦りもあって、少しばかり強引なシュートで逆に好機を潰してしまった形になってしまったのかもしれない。確かにFWとしては前が空いたら打つというのは正解だと思うが、監督からすればその場合でも遠目から力任せに打つのではなく、もっと頭を使ったシュートを打てと言う事になるのだろう。千真には今回の交代で気落ちせず、強い気持ちでまたチャンスを掴み取って欲しいと思う。これまでゴールは少なくても、ポストや潰れ役で東京の得点に貢献していることは確かであるし、焦れずにいれば必ず爆発できる時があると信じている。

    一方で、今季始めて重松のプレーを見られたのが嬉しい。もっと長い時間見たかったというのも正直なところだし、セットプレーでのキックも見てみたいところだが、今季必ず頭角を現してくる選手だと思っているので、こちらも焦れずに待つつもり。

    梶山の変態プレー、もっとみたいぞ!・・・って、この文章だけ読むと、ちょっと危ない香りが・・・
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
    JUGEMテーマ:スポーツ


    コメント

    できれば追加点ほしい試合でしたが、下位のチームにきっちり勝てたから良かったと思います。
    今回の札幌はスープカレーを食べました。美味しかったです(^_^)
    さて、今日は夜行バスにて東京向かいます。明日は成田空港にはたくさんの青赤になってることでしょう!
    2012/05/14 7:54 PM by よいち
    今回はスポーツニュースでしか映像を見ていないので、試合全体の状況は良く分かりませんが、梶山のシュートがスゲェーのは分かりました。(苦笑)


    普通の選手なら、一旦トラップして反転しながらシュートというプレイになると思うのですが、あそこでダイレクトで後ろに飛ばそうと思うだけでなく、実際に出来る技術のある梶山は、やはりただ者ではないですね。


    降参です。
    2012/05/14 8:02 PM by コタツねこ
    >よいちさん

    そうですね。できれば複数得点を見たかった試合でした。
    でも、「こういう試合もある」と考えて、納得しています。
    今季は、そんな感じで自分を納得させる試合が、
    少しばかり多いような気もしていますが・・・・
    梶山のヌルヌルを見れたので「良し」とします。

    今頃は韓国で臨戦態勢に入る頃でしょうか。
    ガシガシ応援してきて下さい。


    >コタツねこさん

    ホント、あのシュートは見た時何が起こったか分かりませんでした。
    上手く行くかどうかはともかく、あの状況であのシュートを選択するというのは、
    それこそ梶山の頭の中も常人にはついていけないくらい、
    思いっきり変態1000%なのかもしれません。

    ドンドンとこんな意表を突くプレーを見せて欲しいですが、
    是非とも相手ゴール前でお願いしたいものです。
    ハーフウェイ当たりでチャレンジして失敗したら目も当てられないような・・・
    2012/05/16 10:19 AM by まぐパパ

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://magpapa.melancholicia.com/trackback/1090337

    トラックバック

    ▲top