FC東京!好きで悪いか!!

FC東京!好きで悪いか!!《ウダウダと・・・そして熱く理不尽に!》

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2010.03.23 Tuesday

タンメン&餃子 - 餃子の店おけ以(飯田橋)

0
    「餃子の店」と銘打ってありパリパリの羽&モチモチの皮の餃子も美味なのだが、実はタンメンが有名なお店。ラーメン王の方も絶賛していたり、ネット上でも評判の高い店なので、知っている人も多いと思う。乗っている具がもやし主体で見た目は地味だが、鶏ガラの旨味がぎっしりと詰まった懐かしい味のスープは、さっぱりとしながらもコクがある。平打ち麺も自分の好みにぴったりで、自分としては色々食べたタンメンの中ではトップ!この店の隣には、大勝軒、青葉と錚々たる有名どころの店があるのだが、そちらにも負けず劣らず開店時の11時半には平日でも何人かの行列が出来ている。店構えも店内も昭和のテイストが色濃く残っているが、今流行のあざとく昭和フレーバーを付け加えた様な店ではなく、昭和29年創業のれっきとした老舗であるので当然と言えば当然(以前は神保町にお店を出していたそうだが)。

    行列が出来ていても昼時ならば回転も速いので、そう待つことはない。殆どの人が「タンメンと餃子」を注文するのだが、11時半の開店と同時に店に入ると、タンメンと餃子以外は出るのが遅くなる旨を告げられたりするくらい、タンメンと餃子が定番になっている。夜になるとお酒を飲む人もいるので他のメニューもオーダーが入るが、それでもやはり「タンメンと餃子」の黄金の組合せを頼む人の比率は相当に高い。

    派手さや外連味は全く無く、地味ながらもしっかりとした味で勝負してくる。タンメン660円、餃子570円と両方を頼むと若干ランチには高い印象もあるが、十分それだけの価値はある店だ。隣接する大勝軒、青葉は色々な店で食べられるが、おけ以のタンメンはおけ以でしか食べられない。



    食べログ
    空腹時に見てはいけないブログ

    にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

    2009.09.14 Monday

    火の国で馬を喰らふ - 馬桜(馬肉料理専門店/熊本)

    0
      残念ながら、鹿児島遠征が出来てその帰りに寄ってきたと言うわけではない。先々週熊本に出張があったのでその時に馬を喰らってきた。先週は富山に出張だったのだが、先週の富山出張と先々週の熊本出張が入れ替わっていれば鹿児島遠征も簡単だったのだが、そうは現実は甘くなかった。だからと言うわけではないが、馬肉を思いっきり喰らってきた。

      地元の方に連れて行ってもらったのは馬肉料理専門店。出てきた料理の最初から最後までお馬さん。元々馬刺しは好きだったのだが、これでもかと言うくらいに馬肉を喰らったら・・・もっと大好きになってしまいました〜!いつものように食べ物を前にするとすぐに逆上してしまい、あっ、写真・・・と思った時には大抵は食べ尽くした後だったりして、全部の写真が残ってないのが辛いところではある・・・学習効果がないというか何というか・・

      最初は桜納豆(最初の逸品の写真を撮るのを忘れなかったのは、実は初めてだったりする・・と思ってたのだが、後でよく考えたら2品目だった・・・)。そのまんま、馬刺しと納豆を和えた料理。最初から絶品。


      馬刺し3種盛り。白いのは「たてがみ」と呼ばれる首の脂の部分(別名、こうね)。つるりっとして、トロりっとして、しばらく置いておくととろけてくる感じで、やっぱりすっごく美味。酒が進む進む。


      ホルモン煮込み。当然馬のホルモン。臭みもしっかりと抜いており、体にとても優しい味。嬉しくなってしまう。


      ネッコ。何かと思ったら血管の刺身だそうだ。これもコリコリで信じられないくらいに絶品。美味しくて発狂寸前であった。


      この他にも馬肉の焼き肉なんぞも食べたりして、極めて幸せな時を過ごした。なかなか熊本には行く機会がないのが大変に残念である。ロアッソ熊本、早くJ1に上がって来てくれ〜〜・・・って、カターレ富山にも同じ事言ったような気が・・・すべて食べ物中心で考えていることがばれてしまったではないか・・

      馬肉Dining・馬桜
      馬肉Dining・馬桜/FooMoo by ホットペッパー(HotPepper)


      にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

      2009.08.07 Friday

      鳥をまるごと喰らふ - 竹ちゃん(神楽坂/居酒屋)

      0
        自分の新しい仕事場は神楽坂にある。大変に誘惑の多い場所であるが、懐具合を改めて考えると、そうそう誘惑に負けることも出来ないような場所でもある。しかし、そんな神楽坂にも大変に懐に優しいお店もちょこちょこあることが分かってきた。このお店はそんな中の一つ。

        なんたって生ビール中ジョッキ290円である。それでも安いのだが、8月いっぱいはセール中とのことで(何のセールだかは知らない!)、何と一杯100円!しかも1杯目だけとかではない。何杯呑んでも1杯100円なのだ。10杯飲んだって1000円と言う信じられない値段。どう考えたってやけっぱちとしか思えない。つまみだって十分レベル以上。それでいて安い。笑ってしまうしかないような店だが、実はこの店には強者の料理がある。

        「とんだく」・・鳥の丸あげである。フライドチキンと言えばフライドチキンだが、一羽をまるごと揚げたのが出てきて、それを店員さんが目の前でさばいてくれるという何とも豪快なもの。さすがにオーダーしてから出てくるまで30分ほどかかるが、皮はパリパリ中はジューシーで大変に美味である。で、値段だが自分が行った時には1680円!やっぱり安い!

        朝までやっており、3階ではカラオケも出来たりするので、大変にお得なお店。

        竹ちゃん、エライッ!!



        カッパ日記
        美味しいレトロ散策日記
        竹ちゃん(食べログ)
        お笑いネタ メモメモメモ


        にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

        2009.06.18 Thursday

        オクトーバーフェスト@日比谷公園

        0
          少し前の事だが、日比谷公園で行われていたオクトーバーフェストに行ってきた。本家ドイツのオクトーバーフェストにはまだ参加したことがないのだが、以前フランクフルトの公園で行われていた似たようなフェスティバルでビールを飲みまくった事があったので、ドイツのビールを飲みに日比谷公園にちょろりと行ってきたわけだ。

          こんな雰囲気だったり・・・


          同じ様な考えの方も沢山いらっしゃったり・・・


          ステージの演奏もあり、日が暮れればこんな感じで・・・


          残念ながらビールの写真を撮るのを完全に忘れていたが、ソーセージやらのドイツ料理&枝豆はこんなお姿。


          ドイツビールをグビグビと堪能してそれなりに満足であったが・・・ちょっと値段が高かったのが残念。ある程度仕方のないのだろうが、1リットルジョッキが3,000円とか、枝豆ひとつかみ程度が500円とかとなると、なかなか厳しいところもある。本場ドイツ方式で、グラスやジョッキに関してはデポジットを払っておき、店に戻すとお金が戻ってくる仕組みであったが、買った店に戻さないとダメなので、色々な店をぶらぶらと楽しみたいときにはちょっと面倒でもあった。そこら辺、もうちょっと良いシステムを考えてくれてもいいかなとも思った次第。でも料理も美味しかったし、気持ちよく酔っぱらっちゃったから、やっぱり全部良し!

          オクトーバーフェスト2009

          にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

          2009.02.19 Thursday

          ひよこを喰らふ

          0


            んな訳ないだろうが、と当然思いつつ入ったらば、やはり小さなコロッケであった・・いや、美味かったんで別に何も言う事はないんだが、心の隅のどこかで少しばかりの不安と期待があったのは秘密事項だ。

            ただ、小さくて食べやすいコロッケだったので、味スタに持って行きたいと思ったのは確か。こういう一口揚げ物シリーズみたいなのがせめてフードコートとかにあると嬉しいのだが・・・


            にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ


            2008.12.16 Tuesday

            遊郭で鍋を喰らふ - 鯛よし百番(料亭/飛田新地(大阪))

            0
              遊郭で鍋を食べてきた。元・遊郭ではない。現存している遊郭というか赤線のまっただ中で食べてきた。残念ながらおねえさまとモゴモゴしてきたわけではない。ただ鍋を喰らってきただけだ。

              神戸戦の翌週のことだが仕事で大阪に行かねばならず2週連続で関西方面に旅立っていたが、夜に仕事がらみの宴席が有名な料亭「鯛よし百番」であり、その店が飛田新地の遊郭のど真ん中にあったということである。

              遊郭というと自分の頭に浮かぶのは吉原であるが、吉原は今現在ではソープ街となっており昔の面影は全くなく、映画やドラマでしかその雰囲気をうかがい知ることが出来ない。しかし飛田新地ではこのような遊郭というか赤線というか、いわゆる色街が昔ながらのスタイルで現存している。訊くところによると大阪にはソープはなく、総てこのような昔ながらの店とのことで、法律的にどうなっているのかは全く分からないが、現実にこの飛田新地にも百件を軽く超える店があるそうだ。あまりおおっぴらには撮れなかったのだが、コソコソとびびりつつも少しばかり写真を撮ってきた。

              まずは通天閣。いかにも大阪というような街並み。ここら辺からブラブラ歩き出した。


              最近では東京でも見かけるようになったビリケンさんを横目で見ながら通り過ぎる。


              すると街の雰囲気も段々変わり、昭和の世界に戻ったような街並みが現れる。


              下の写真の左側に並んでいるのがいわゆるその類のお店である。こう言う路地がいくつもある。店の造りや間口はほとんど一緒。看板も同じ形、同じサイズ、同じ色で、単に店の名前(女の子の名前?)が書いてあるだけ。さすがに店の中の写真は撮れなかったが、妖しくも美しいおねえさまが一人で座っていて顔見せしている。大体セクシーな衣装に身を包み、きらびやかにライトアップされている。女性の衣装は極めて妖しげなものから、セーラー服や和服など多種多様であったが、実に眩く綺麗に夜の風景の中に浮かび上がっていた。おねえさまの横にはお客との対応をするのであろうか年配の女性も一人座っていた。そのおばちゃんを除けば、ヨーロッパのいくつかの街にある飾り窓と同じような感じと言ってもいい。中にはおばちゃん一人で寂しそうな店もあるが、おそらくおねえさまは2階でモゴモゴとお仕事にいそしんでいるのであろう。


              前置きが長くなりすぎたが、鯛よしは昔の遊郭を現在料亭として用いている。遊郭の大門に近いところから一番としていくとの事なので、「百番」というと遊郭の中心部と思われ、相当格式も高かったはずだ。建物自体も現在は文化庁登録有形文化財になっている立派なものである。



              内装も色遣いからして少しばかり違う。





              店にばかり気を取られて食べ物の写真を撮るのを完全に忘れてしまっていた・・・というと各方面から非難の声が上がるので正直に書くと・・・食べ物を前にして例の如く逆上してしまい、写真のことなど頭からすっ飛んでいた・・・のが事実ではある・・・

              店構えが立派だったし、料理もそこそこのものが出てきていたので随分と高いのかと思っていたのだが、極めて庶民的な料金設定であり、少しばかり拍子抜けした次第でもある。店のある場所もそうだし、やはりこう言う由緒正しい(?)店なのでネットで検索すると随分とレポートが載っている。そこで見たどこかのブログで、鯛よし百番の建物を千と千尋の神隠しで千が働く湯やに似ているとあったが、規模こそ小さいが実にその通りであると思う。機会があればまた行きたいと思っている。当然食事をするためにだが・・

              ・・・あ、このエントリーのタイトルこそ料亭の名前だが・・・店より街のことばかり書いていたような・・・

              鯛よし百番
              食べログ
              ARCHITECTURAL MAP
              日本珍スポット百景
              まちかど逍遙
              男の放課後別館


              付録:法善寺横町で発見した山伏の方々!



              2008.11.16 Sunday

              みうら - 渋谷(食事/居酒屋)《渋谷一安い居酒屋でカレーコロッケを食す》

              0
                コロッケが大好きである。何かあるとコロッケを食べている自分に気付く。

                先日、仕事場の同僚と何人かで、渋谷一安い居酒屋と自他共に認める「みうら」に行ってきた。いや、冗談じゃなく安い。そして・・《美味い!!》・・だけじゃなく、ボリュームもある。立地の悪さがあるのかもしれないが、今時こんな店が渋谷に存在しているとは夢にも思わなかった。メニューの種類も豊富なのだが、当然コロッケを注文しようと思い、壁のメニューを見てみると『カレーコロッケ』とある。そういえば昔よく食べたのだが、なぜか最近見かけなくなっているあのカレーコロッケだ。迷わずオーダーしたのだが、出てきたカレーコロッケを見て仰天。ぶ厚い!そしてホクホクの揚げたて。当然味も抜群で十分に堪能させて貰った。

                しかしふと思ったのだが、なぜ最近カレーコロッケを見かけなくなったのだろう。昔は立ち食い蕎麦屋でもカレーコロッケは割と定番だったはずだ。しかし最近は見かけない。自分でも完全に存在を忘れかけていた。これではいけない。さっそく『カレーコロッケ・メジャー化運動』を繰り広げるつもりである。と言っても、単に『カレーコロッケが食べたい食べたい食べたい』と個人的に言いまくるだけなのではあるが・・・そしてFC東京のご意見箱に『スタジアムグルメに是非!』とでも投書をしようか・・

                スタジアムグルメでコロッケが食べられるのは、自分が知っている範囲では日立台があるのだが、残念ながらカレーコロッケではない。寂しいことに普通のコロッケさえも味スタにはない。やはりコロッケ、出来ればカレーコロッケはやはり味スタのフードコートにあるべきなのだ!!

                こんな文章書いてたら食事が終わったばかりなのにもう腹が減ってきた・・・

                カレーコロッケは我を忘れてすぐむしゃぶりついていた。写真を撮るなんて事はまるっきり忘れていた。写真はやはりこの店の名物『チキンカツサラダ』。さくさくに揚がったチキンカツが何とも生野菜と合う一品。



                にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

                めしと酒・みうら

                みうらが登場しているページ
                関心空間
                こあらたんの雑記帳
                ジョルス社長ブログ〜ブログは人のためならず


                2008.08.21 Thursday

                居酒屋みなみ - 小竹向原(モロッコ料理)

                0


                  久しく行ってないのだが、最近行きたくて溜まらなくなっている店である。

                  店構えはあまりにフランク・・・というか、怪しい。看板に大衆料理とも書いてあったりする。しかしモロッコ料理の店である。しかも味は絶品である。日本人の口に合う。そして安い。小竹向原(地下鉄副都心線、有楽町線)の駅から数分歩いた住宅街の真ん中に突然出現する小さい店だ。周りにはほとんど店がないので店構えは相当に目立つ。

                  ご主人はモロッコの方。格闘技好きのよう。日本人の奥さんはご主人と一緒に店を切り盛りしている。突き出しには枝豆とかひじきとかが出てきたりするが、それをつまみながら壁に貼ってある写真付きのモロッコ料理のメニューを眺め、頼む料理を考えているのも楽しい。有名なところではケバブ、タジン、クスクス等々どれも美味しいし、種類も豊富。全く知らない料理でも丁寧に教えてくれるので安心して注文することが出来る。モロッコワイン(赤)もおすすめ。以前行った時には3人で3本開けた。当然その他にビールやなにやらガンガン呑んだ後である。口当たりがよくさすがにモロッコ料理にぴったり合う味わいだった。その前に二人で行った時にもがんがんビールを飲んだ後でワインを2本開けてたりするので、結局なんやかやと毎回一人1本は開けてしまっている勘定にはなるが、これは内緒だ。

                  料理も丁寧。ある程度作っておいて暖めればいいような料理も、注文を受けてからきちんと作ってくれる。冗談ではなく都心のモロッコ料理店ならば倍近い値段を取られてもおかしくない。美味しいだけでなく、コストパフォーマンスも相当にいい店である。

                  近いうちにまた行きたいと思っているのだが・・・いつ行けるだろうか・・・書いていたら余計に行きたくなってきたが、ここしばらくはまだ行けそうもない。

                  行けそうもないのは実は週末の読売戦も同じ。ジュニアのサッカーチームの夏合宿に参加しているので、残念ながら国立には行けない。宿舎はネット環境もないし泊まる部屋にはテレビもない。色々バタバタしているので携帯でのチェックも頻繁に出来ないだろう。ここまで無い無いづくしだと逆に気持ちいい。東京にはしっかりと勝ってもらって、ジュニアの選手たちが寝た後に携帯サイトの試合経過を見ながらゆっくりと密かな美酒に酔う予定である。


                  居酒屋みなみ・日曜定休
                  Livedoorグルメ
                  エジPOPレビュー
                  きんちゃんの大冒険


                  にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ


                  2008.02.28 Thursday

                  じゃんけんポン - 新橋(立ち呑み)

                  0
                    また立ち飲み屋さんである。また新橋である。仕事場も家も新橋とはまるっきり離れた場所なのだが、敢えて寄り道したくなるような店である。美味い、安いだけではない。通常のメニューに加えてオリジナルメニューも豊富である。飲み屋の激戦区だけに、新橋にはユニークなメニューを置いてある店が多いが、このじゃんけんポンも色々楽しいメニューがある。

                    個人的なおすすめメニュー「ポークカリカリ揚げ」。あのスパムを素揚げしたものである。低温の油でじっくり時間をかけて揚げてあるので、周りはカリカリ、中はフワフワという、絶品の食感に仕上がっている。出来たて熱々をハフハフ言いながらビールと一緒につまむのは最高である。


                    豆腐と鶏挽き肉で作ったメンチもいい。「じゃんけんポン揚げ」とお店の名前の付いている。やはり代表メニューの一つである。ぶ厚い揚げたてを前にし、我を忘れむしゃぶりついてしまう。こういう場に遭遇すると写真を撮る前にすっかり平らげてしまうことが多い・・・今回も本能の赴くままにがっついたため、写真は無し。

                    先日行った時にはハマグリ焼きがあった。どでかいハマグリが網の上で炙られているのを発見し、思わず頼んでしまった。こちらが頼んだすぐ後で売り切れになっていたので、あまり数もなかったのかもしれないが、貝の横幅だけで10cmはあった。これがやはり何百円かなのだから嬉しくなってしまう。大きさだけでなく、味も美味であったことは言うまでもない。貝殻に残ったスープを飲んだ後、思わず貝殻をなめてしまった。


                    その時にはお隣のテーブルにいた方達に自家製チャーシューを頂いた。これもお店の自慢メニューとのこと。ネットで見ても、人によっておすすめメニューが色々ある。どれも美味しいと言うことなのだろう。メニューの数も多いので全種類制覇はまだ先になりそうだ。

                    新橋に行くといつも思うのだが、こんな店が仕事場の近くに有れば・・・というより仕事場の近くに新橋が有ればと心から思う。しかし本当にそうなったらば、大分人生は違ったものになったかもしれない。いい方か悪い方かは分からないが。


                    色々な方のブログに登場している「じゃんけんポン」
                    まりみるのつれづれ外食記録
                    銀座、築地の食べ歩き
                    今日の筆圧
                    おぽんちNote♪

                    2008.02.14 Thursday

                    へそ - 新橋 & 五反田(串揚げ・立呑み)

                    0


                      新橋に4店舗、五反田に1店舗ある立呑みの串揚げやさんである。毎晩飲む習慣があるわけでもないので頻繁に通っているわけではないが、ときおり串揚げが食べたくなるとふらり行ってしまい、さりげなく全店舗制覇をしてしまっている。

                      懐に優しい値段で気軽な雰囲気の店なので、店内で付けっぱなしになっているテレビを見ながら、一人でぼわ〜〜っと呑んでいることが多い。カラリあっさり揚がった串揚げに二度づけ厳禁のソースをがっつり付けて食べると、ビールによく合ってしみじみ旨い。この金額でこの味ならば十分すぎるほどである。

                      写真の左にある異様な風体のものは「お好み揚げ」である。お好み揚げは、お好み焼きを衣を付けて揚げたものであり、お好み焼きソースをかけた上にマヨネーズで《へそ》と書いてある。不思議な組合せだがなかなかいけるし、ボリュームもある一品である。

                      こういうメニューを《味スタ》で販売してくれれば、絶対にビールの売り上げも倍増すると思うし、なによりも個人的には大変に嬉しいのであるが・・・

                      へそHP

                      ▲top